矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

メルジメッキ・チョルバス mercimek çorbası [レンズ豆のスープ]

メルジメッキ・チョルバス レンズ豆のスープトルコを始め、中東諸国で最も代表的なスープがレンズ豆を使ったポタージュスープ。メルジメッキとはペルシア語を起源としており、レンズ豆やエジプト豆と呼ばれる物。赤レンズ豆と黄色レンズ豆があります。チョルバがスープを指します。
このスープに限らず、トルコのスープはベースのだしが羊!どろりととろけた豆がどっしりとしていますが、最後にレモンを搾るので意外とサッパリといただけます。口当たりはこってり、味はサッパリというなかなか面白いスープです。



メルジメッキチョルバス レンズ豆のスープ

トルコではスープは肉料理が出てくる前の前菜として食べるのが普通。
サッパリとした後口なだけにどんどん飲み干してしまい、
メイン料理が出てくる前にお腹がいっぱいになってしまうくらい。
スープに羊が使われているとはいえ、全く味が隠れてしまっているので、
羊の肉にげんなりした胃にもとても優しくいただけます。

作り方はとても簡単。
鍋にバターを溶かしてタマネギのみじん切りを炒め、
レンズ豆、羊のスープストックを加えて30分ほどとろ火で煮込みます。
舌触りを滑らかにするためにふきんで濾し、最後にバターで炒めた
小麦粉を加えさらに一煮立ち。
豆と小麦粉とバターがどろりと滑らかなポタージュを作り出すのです。
材料を聞いただけでも、お腹がずっしりいっぱいになるのが見て取れます。

トルコの夏は日差しがきつく、特に乾燥した気候になれない日本人はばてますので、
そんな時にガッツリ力をつけるのには豆が絶対オススメ。
まさに五臓六腑に染み渡るような感覚を味わえ、活力がわいてくること請け合いですぞ。
日本では、羊のスープなんて作れないからブイヨンか鶏スープでどうぞ。

メルジメッキ・チョルバス(レンズ豆のスープ) レシピ リンク


タグ : スープ , レンズ豆 , 大衆食堂 , 家庭料理 , 煮込み , 煮込む , 豆