矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ゴイ・ゴー・セン gỏi ngó sen tôm thịt [蓮の茎のサラダ]

ゴイゴーセン 蓮の茎のサラダ「ベトナム行ったらバーバーバーとゴイセン!」
飲んべえの友人から出る台詞はいつもこれ。
「ゴイセンって何?」「蓮の茎の和え物」
蓮の茎って食べれるの?と不思議に思ったのですが、ベトナムではメニューの前菜に必ず載っている定番メニュー。
筋っぽくてえぐい物をぽりぽりかじるのかと思ったら、見た目はホワイトアスパラか白ネギ。 実は蓮の茎といっても水の中に潜っている地下茎の薄皮を剥いた物を食べるのです。



根っこと同じく茎も空洞があって、しゃきしゃきと軽いのにみずみずしい。
味わいは、ふきとネギのあいのこみたい。

ゴイゴーセン 蓮の茎のサラダ えびせん載せそしてこの食感を活かすのが、和えてある異なる歯ごたえの食材たち。
くにっとした歯ごたえの豚の耳。ぷりぷりのエビ。
ジュわっと口の中に肉汁が広がるハム。
カリカリという心地よい食感を付け加えるピーナッツ。
そして、仕上げはさっぱりとした味わいにコクを加える揚げエビせんべい。
これはこれは。さっぱりしつつも味わい深い贅沢サラダだ。

日本でもレンコンは身近な材料。なのに食べるのは根っこだけ。
最近では瓶詰めの蓮の茎が輸入されている様ですが、
日本でも栽培しているのだから食べればいいのになぁ。もったいないですねぇ。

食べない理由はひとえに手間がかかるからではないかと思います。
手間をかけて加工すれば高くなる。

ベトナムでは、茎、実、根は食材、葉は蒸しご飯の器やお茶と余すことなく
食材として使われている蓮ですが、中国では漢方薬にもなってるみたいですね。
日本でも痔の薬になってます・・・。『レンシン』

あ、食欲うせましたよね?私もです・・・けどごめんなさい。

ベトナム中どこでも食べられるし、旅行ガイドでも必ず紹介してあるので、
是非是非、チャレンジしてください。特に暑い時にぴったりです。
なんでこれが日本で食べれないかなぁ~って本気で思います。

タグ : あえもの , はす , サラダ , フーコック , レストラン , 和える , 茎 , 蓮