矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ボー・コォー Bò Kho [ベトナム風ビーフシチュー]

ベトナム風ビーフシチューかつてベトナムはフランスに統治されていた。そして、お隣は中国である。2つの食の大国の影響をうまく受けたベトナムでは、何食っても美味い

中華料理も西洋の影響を受けてか、妙に洗練された上品な味付けなのです。そこいらの屋台で出す麺もインスタントラーメンのくせにおばちゃんがちゃんと鶏でスープを取ってたりするんです。

食べ物が旨いから、OLさんが押し寄せる人気の旅行先になったのかも。




ボーは、牛肉。コーは煮付けるという意味(ある意味肉じゃがをベトナム語に訳すとこうなりそうだが)。家庭料理としても一般的なので使われるスパイスはその人の調合で様々なようです。

味の決め手にはニョクマムが入り、しょう油好きの日本人が嫌いな訳ありません。


写真は、ホーチミンにある農場直営のデザート専門店「キムタイン」のビーフシチュー。
キムタインは、カスタードプリンやシュークリーム等のデザートが売りですが、軽食も割と美味しいと有名。

日本でよくいうビーフシチューと違ってデミグラスソースのこってりさがなく、どちらかというとポトフみたいな感じです。この辺がフランスの家庭料理っぽいところ。
そして、バケットがむちゃくちゃ美味いんです。パンとの相性最高。

あ、このお店自家製ヨーグルトはお勧めらしいです(←食ってない)


家でベトナム風シチューを作ってみる?


ベトナム料理の本をいくつか紹介


タグ : キムタイン , ホーチミン , ボーコー , 大衆食堂 , 煮込み料理 , 牛肉 , 野菜