矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

バイン・カーオ bánh khảo [餅菓子]

緑豆餅正しい名称がわからず餅菓子としてしまいました。
ベトナムでは餅米を使ったお菓子がいろいろありますが、これはラードをドリアン風味の緑豆あんと緑色の餅米で筒状にくるみ、バナナの葉で包んで蒸してあった。そして、それを2センチくらいにスライスし、お客さんの目の前で揚げて出してくれる。
緑色の餅米は稲が熟す前に収穫した物だそうで(Vong村のComの風情参照)、こうやって餅菓子にしたりアイスクリームに添えられていたりするほか、料理にも使われる。



緑豆餅(切る前)
緑豆餅(揚げる前)
餅をあげる
緑豆餅を揚げるおばちゃん
さて、この餅菓子ですが、真ん中の白い物体がラードとはつゆ知らず。
興味本位で購入した物の昼食直後でお腹が一杯だったので、
ホテルに持ち帰り、冷蔵庫に入れてしまったのです。

翌朝の朝食代わりに一口たべてびっくり。
甘いと思っていたお菓子が甘くなかったのですから。
しょっぱ~~。

ベトナムのメコン川流域の町ソクチャンではバイン・ピアと呼ばれる中華まんじゅうが名物なのだそうだが(ベトナムめしの旅 参照)、これも緑豆の餡にジューシーさを加えるためにラードが入っているとか。そして、ドリアン風味なところも同じ。
ドリアン風味の緑豆餡+ラードっていうのは定番の組み合わせなのかもしれない。

冷めていた餅からはあまりドリアンの香りはしませんでしたが、
それより固まったラードがなんともこってりで。。。
折角おばちゃんが揚げたてのうまいところを出してくれたのに、
とんだ間違いを犯してしまった私でした。

フーコック島のユードンの市場にはこの餅菓子を揚げている
おばちゃんがたくさんいるので散歩のついでにチャレンジしてみて。
勿論、揚げたてを食べてください。冷やしたら最悪です。

一つ2,000ドン(10円くらい)です。

タグ : banh khao , スイーツ , デザート , ドリアン風味 , フーコック島 , 屋台 , 揚げる , 緑豆餡 , 菓子 , 餅