矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

シー・クロン・ムー・トートซี่โครงหมูอ่อนทอด si klong tod [豚スペアリブの唐揚げ]

シー・クロン・トート 豚スペアリブのタイ風唐揚げ シークロンซี่โครงはスペアリブ。ムーหมูが豚を指し、シークロンの後にムーが来ると豚のスペアリブになります。その後ろに調理法トートทอด=揚げるがついて、豚肉の唐揚げです。
ニンニク、胡椒の香りが強くスパイシーに仕上がっており、そのまま食べたり、炊いたご飯に乗っけたワンプレート料理して出したり、揚げた後、生の胡椒とニンニクとさらに炒めたりします。
ご飯の友にも酒のつまみにもぴったりのタイの定番メニューです。



セ・クロン・トッド タイ風豚スペアリブの唐揚げ
豚の唐揚げとタイの生ハーブ
この料理の味つけの基本はニンニク、胡椒とナムプラーです。
日本でも鶏肉をニンニク醤油につけ込んで唐揚げを作るので、
割となじみがある味つけに感じるはず。
さらに、コリアンダーパウダー(パクチー)が隠し味的に入っていることも。
パクチーの強烈な香りは抜けるのでパクチーが苦手な人も大丈夫です。

一口食べるとやわらかーく仕上がった豚の脂がじゅわーっと
ほとばしり出て、脂の甘み、ニンニク醤油の香りが鼻に抜けていく。
皿に添えてある生のパクチーは、味つけの濃い唐揚げの口直しに最適。

さらに、タイの揚げ物の多くがそうであるように、
ケチャップベースのスイートチリソースが添えられます。

ケチャップの酸味と甘みを楽しむもよし、そのまま豚を味わうもよし。
無意識にぱくぱく口に運んでしまい、気がつけばカロリーオーバー。
揚げ物好き、肉好きには大変危険な料理でもある。

日本で手に入る材料で作れる簡単タイ料理なので、家庭で作るのもオススメです。
酒のつまみにもお弁当のおかずにもぴったり。
(弁当空けた途端、ニンニクの香りが充満しそうだが(笑))
牛肉で作っても美味しいですが、お財布との相談もあると思いますので。
タイでも豚や鶏がポピュラーなのは同じ問題でしょうね。

シー・クロン・ムー・トートの作り方。

材料:
豚のスペアリブ 1キロ
パイナップルジュース 120ml ※1

[調味料]
おろしニンニク 6かけ分
白胡椒 大さじ1/2
コリアンダーパウダー 大さじ1(コリアンダーのみじん切り)
砂糖 大さじ1
塩 大さじ1
ナムプラー 大さじ1と1/2

コリアンダーの葉、トマトやレタスなど 適宜
サラダ油 適宜
  1. 豚のスペアリブを食べやすい大きさに切り、パイナップルジュースに30分以上つけこむ。
  2. 調味料を全て混ぜ、ペースト状にする。
  3. 2の調味料を1のスペアリブにまんべんなくすり込み、さらに1時間以上寝かせる。
  4. フライパンに揚げ油を中温※2に熱し、じっくりと黄金色になるまで揚げる。
  5. お皿に揚がったスペアリブを盛りつけ、パクチーを添えてできあがり。
    (お好みでレタスやトマトを添えるとさらが華やぐ。)
 ※1 パイナップルジュースはパイナップルの缶詰のジュースでよいです。
    空けた缶詰のパイナップルも添えて食べるても美味しい。
 ※2 豚肉に味が付いているため、温度が高すぎると黒こげになります。

クルアタクシン T.S. Cusine ครัวทักษิณ

クルアタクシン 89/34-35 Phayathai Road, Rajchathewee Bangkok 10400

オカマショーでおなじみのアジアホテルの向かい側、
COCO-WALKの中にある。
以前は道路沿いだったが、再開発で移転したみたい。

ハーブの専門家であるご主人の経営する店なので、
タイハーブをふんだんに使った繊細な味が楽しめる。
ハーブにこだわりがあるご主人が食べ方を教えてくれます。
お客さんはとぎれないんですが、満席になったところを見たことがないのでちょっと心配。
道路沿いから中に移転したせいかなぁ。

タグ : ご飯の友 , つまみ , スパイス , パクチー , 大衆料理 , 揚げ物 , 豚肉 , 酒の肴