矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

桜花蝦炒飯 yīng huā xiā chǎo fàn [桜エビ炒飯]

桜花蝦炒飯 さくらえび炒飯 桜花蝦ying hua xiaは桜エビのこと。玉葱、キャベツ、ニンニクなどの野菜のみじん切りと卵で炒めたオーソドックスな醤油味の炒飯。仕上げに桜エビがこれでもか!というくらいにトッピングしてあります。
一口かみしめるとふんわりとした優しい味の卵炒飯に桜えびの香ばしい香りと味わいが広がって、とても幸せな気分になります。勿論、お米は一粒一粒がパラパラで絶妙の炒め加減です。
シンプルなのにとても美味しい一品です。やっぱり米ってうまい。


桜花蝦炒飯 桜エビチャーハン
桜花蝦炒飯 さくらえび炒飯 重箱入り
なぜか重箱いり。
桜花蝦炒飯 さくらえび炒飯 取り分けた後
こちらは台湾南西部屏東県にある東港で食べた桜エビ炒飯。
東港はマグロの水揚げだけでなく桜海老の水揚げでも有名な港です。
港から直送の桜海老なため、他の町で食べるよりも値段も安く、
桜海老の量がとても多いです。

町中のレストランだけでなく港に併設された中華市場でも名物で、
これだけの量をふんだんに入れられるのは産地ならではでしょう。

日本では桜えびといえば静岡県の駿河湾が有名です。
毎年春頃になるとテレビで桜海老漁の様子が必ず映し出されます。
しかし、この駿河湾産の桜海老は人気があり価格が高騰していて、
最近では日本にこの東港の桜海老もはいってきているようです。

屏東のお隣高雄の市場にいくと桜海老が山積みで売られています。
台湾の食品は安全で高品質なのでお土産に買って帰るのもオススメです。
普通の干しエビに比べ桜エビは数倍の値段ですので躊躇しますが、
そういうときは日本円に換算しましょう。日本じゃもっと高級品です。

しかし、買って帰ってもこんなに美味しく炒飯は作れないなぁ・・・。

海味珍活海鮮

海味珍 東港の海鮮料理や 屏東県東港鎮光復路2段104号 tel: +886-8-8337195

マグロの水揚げ港として有名な屏東県の東港にある海鮮料理屋さん。
有名な東港の中華市場でマグロを食べようと思っていったら、
よりによってドンピシャで市場が掃除でお休みという・・・。
仕方なく町中に戻ってお店を物色していて見つけたのがここ。
おばちゃんの笑顔に釣られて入ったんだけど、マグロの刺身も桜エビ炒飯も海草も美味しい。 おまけに結構日本人が来るのか、店の女の子がメモを見ながら日本語で 話しかけてくるのがかわいかったです。「さくらえびごはん」とか。

タグ : シーフード , 東港 , 桜海老 , 海鮮料理 , 炒める , 蝦