矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ナム・ワーン nam wan [ココナッツぜんざい]

ナムワーン ラオス ココナッツ蜜豆 ナムは水、ワーンは甘いという意味のラオス語。直訳すれば甘い水ということになります。 タピオカ、バナナ、小豆、寒天、黒豆などなど、甘く煮た具にココナッツミルクとシロップをかけて食べます。氷をいれて貰うと食べ物というより飲み物のような感じ。中身の具は、店頭に並んださまざまな具を自分好みで選んで投入して貰う。
氷が溶けてキンキンに冷えたところをいただくと、観光疲れも吹っ飛びます。 水分と糖分が同時に補給出来てバランスの取れたスイーツです。


ナムワーン ラオス ココナッツ蜜豆 2
ナムワーンのショーケース
このスイーツはラオス中のあちこちで手軽に楽しむことができます。
私が食べたものは氷入りのキンキンに冷えたものですが、
実はこれはもともと温かいデザートです。
日本語でしばしば「ラオス風のしるこ」とか訳されるのはその為だと思われます。

お隣のベトナムにもチェーという似通ったデザートがありますが、
こちらも元々は素材に砂糖を入れて煮た温かいデザート。
これが暑い地域や季節に井戸水で冷やして食べるようになり、
近年になって氷が投入されるようになりました。
ラオスも冷蔵庫が普及しだしてからの氷投入&冷スイーツ化でしょう。
氷を入れずに常温で食べることも可能です。

ベトナムだけでなく、タイ、インドネシア等にもにたようなものがあります。
どの国も平均的に温暖で雨が多く蒸し暑い気候ですので、
甘い液体はとても美味しく感じるだろうなぁと思います。

言葉が通じなくても指差しで「あれ!」「これ」と注文出来るので、
旅の疲れを感じた時にでも是非食べてみてください。
疲れも飛びますが、なによりすっきりとした甘みにほっとします。
地味なようで侮れません。

タグ : あんみつ , おやつ , ぜんざい , ココナツミルク , スイーツ , デザート , 蜜豆