矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

サユール・プチェル sayur pecel [茹で野菜のピーナッツソース]

サユール・プチェル 茹で野菜のピーナッツソースサユールsayurは野菜、プチェルpecelはピーナッツを使って作ったソースもしくはそのソースで味付けた茹で野菜を言います。インドネシア ジャワ島東部の伝統料理です。
作り方は至ってシンプルで、茹で野菜(空芯菜、キャベツ、インゲンなどお好みで)にピーナッツ、ニンニク、クンチュールの根(生姜の様なスパイス)、パーム糖、塩、唐辛子などを細かく挽いて会えたソースをかけるだけ。野菜をたっぷり食べられる嬉しい副菜のひとつです。



この料理は日本人にも有名なインドネシア料理ガドガドに似てます。
ガドガドとペセルのソースの違いはココナッツミルクと生姜(クンチュール)です。

ガドガドのソースにはピーナッツ、砂糖、唐辛子などのスパイスの他にココナッツミルクが入ります。
対するペセルにはココナッツミルクはなしで、クンチュールと呼ばれる生姜のようなスパイスが入ります。
つまりココナッツミルクのマイルドな甘さがガドガドのソースをより甘く感じさせていたのですね。

ペチェルは副菜としてだけでなく、白いご飯に添えたプレートのような形でも食べられます。
ナシ・ペチェルnasi pecelといえば、白いご飯のペチェル添え。茹で野菜サラダ添えです。
ご飯にたっぷりの野菜とピーナッツソースですから、バランスがよくヘルシーです。

また、ペチェルに添えられている揚げせんべいはルンペイェックRempeyekという、
米粉とココナッツミルクの生地にピーナッツや赤豆を添えてあげた揚げせんべい。

インドネシアのちゃんとしたご飯にはクルプックと呼ばれるキャッサバでんぷんから作った
揚げせんべいや海老せんべいなどが添えられて出てきますが、
プチェルの場合は、ルンペイェックが一般的のようです。

日本人の感覚ではお菓子の部類に入るのですが、考えてみれば元々ポテトチップスだって、
フライドポテトの代りに添えられた立派な副菜だったわけで、東南アジアでは違和感ないですね。
日本の食べ物で例えると、うどんの揚げ玉みたいな役割かな~?
サッパリ味の茹で野菜サラダに脂分とカリカリとした食感を加えてくれて絶妙なバランス。
せんべいの色が黄色いのはターメリックが入っているからで、特に辛いわけではありません。

ちなみに西ジャワ地方の郷土料理にロテックLotekと呼ばれるサラダがありますが、
このサラダは茹で野菜と生野菜を混ぜてペチェルソースをかけた物だそうです。
どちらもジャワ島に行ったらメイン料理に加える一品として是非どうぞ。

アヤムゴレン スハルティ Ayam Goreng Suharti

住所: Jl. Wahid Hasyim 51 Jakarta  tel: 310-0251
open: 10:00-21:00 無休

ジャワ島東部の古都ジョグジャカルタに本店を持つクリスピーなアヤムゴレンやさん。
この店のアヤムゴレンはクリスピーな衣が絶妙で、作り方は企業秘密だそう。
ジャカルタにも沢山支店があり、ペチェルなどの東ジャワの料理もメニューに並びます。
現地の家族連れや仕事帰りに食事&打ち合わせをしているリーマンが多く、
みんな素面で食事をしているので、ビールを飲むのがなんとなく形見が狭いです・・・(笑)

タグ : サラダ , ジャワ料理 , ピーナッツソース , 副菜 , 和え物 , 郷土料理 , 野菜