矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

パパイヤ・カレー Papaya curry

パパイヤカレーバリではしばしばパイナップルやパパイヤ、ジャックフルーツなどのフルーツをココナッツミルクとスパイスで煮込んだカレーにして食べます。
パパイヤは熟す前の青いモノを野菜感覚で使います。
日本で食べられるものに例えると、熟れてないメロンとか、スイカの果肉と皮の間の白っぽい部分とか、ばかでかいキュウリでも煮込んで食べているような食感です。



青パパイヤ、にんじんを一口大にスライスし、ココナッツミルク、生姜、ニンニク、
ターメリックで煮込み、ほんの少しの唐辛子で仕上げてあるので、
ココナッツミルクさえ苦手じゃなければ日本人でも抵抗なく食べられる。

青パパイヤはキュウリみたいなさっぱりした夏野菜の感覚なので、
タイのソムタムの様に和え物にしたほうが美味しいかなぁ~って気はしますが、
煮込んだ方が体を冷やさなくていいので健康的といえば健康的。

バリのレストランでは、サテなど、肉や魚をシンプルに食べる料理が多いので、
付け合わせには野菜だけを煮込んだり和えたりしたものを選ぶのがオススメです。

パパイヤカレーのレシピはこちらをご参照ください。

Young Jackfruit (or Papaya) Curry with Lime Leaf and Cardamom


Patal Kikian

パタルキキアン:アグンルームのテラスとコテージ バリ島シメデン道路沿いのイセ村にある絶景で有名なロスメン
看板を目印に5分ほど坂をあがるとフロントがある。
昔は食事は宿泊料に含まれていたようですが、最近はアラカルトです。
ライステラスの向こうにそびえるアグン山を眺めながら、
テラスでのんびり過ごせば時の流れが止まる。
本をたくさん持って引きこもりにいくといいですよ。

タグ : カレー , ココナッツミルク , バリ , パタルキキアン , パパイヤ , 煮込み , 野菜