矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

チャ・カンクン ca kangkung [空芯菜炒め]

チャカンクンチャcaというのは中国語由来の言葉で炒めること。カンクンkangkungは空芯菜ということで中国南部から東南アジアにかけてポピュラーな南国野菜空芯菜の中華風炒めです。
中華レストランの定番青菜で、油を引いたフライパンでニンニクを炒め香りを出してから空芯菜をほんの十数秒炒めただけの料理。味つけはシンプルです(塩胡椒と味の素)。
味の濃い中華系のおかずの付け合せにぴったりの定番おかずです。


チャ・カンクン 空芯菜炒め
この料理をインドネシア風にすると水を加えた炒め煮トゥミス・カンクン。
中華風の場合は水を加えません。

空芯菜は中国南部、東南アジアではポピュラーな野菜です。
空芯菜は年中気温が高く栽培が容易なことから原産地の中国から、
東南アジア各地に広がりました。

また、茎が空洞になっているのでこの名が付きました。
日本語では別名でエンサイとかアサガオナともいいます。
英語だとモーニンググローリーという表記をみて、「アサガオナから来たんだなぁ」と妙に納得。

空芯菜は火を入れ過ぎると黒ります。だから焼いたフライパンで強火でさっと炒める必要がある。
火力の強いプロの厨房では10秒くらいでできますが、家庭用だとさすがに30秒くらいかかります。
プロの厨房ではニンニクも空芯菜も全部一緒にいれてあっという間に作るようです。
だから注文してから提供されるまで5分以内ってこともとっても多い。

醤油をちょっとタラしたりオイスターソースでコクを出しても美味しいです。
タイではタオチオという味噌のような調味料を加え、唐辛子も入れて炒めます。

中華レストランで野菜がたべたーい!ってときには是非どうぞ。

Mangga Madu マンガマドゥー

マンガマドゥー内部 バリ島のウブドのはずれにあるワルン。行ってみたら日本人だらけでびっくりした。
安くて美味しいのでガイドさんが外国人観光客を連れてくるようです。
ワルンといっても綺麗な外観で観光客向けレストランみたい。
女性も子連れの方もオススメですが、中心部から15分くらい歩きます。

この店の真向かいにMINAという魚を出す気になるワルンがあります。
夜になるとバイクが続々と集まってくるので、こっちもオススメかも。

タグ : カンクン , バリ , マンガマドゥ , 炒め物 , 空心菜 , 野菜