矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

パロタ / パラタ parotta / paratha [ギーを練り込んだ平パン]

パニールパラタ チーズ入りパラタ アッタと呼ばれるふすま入りの小麦粉を水で練って生地を作り焼いた物がチャパティですが、パラタは生地の表面にギー(精製バター)を塗り、パイのように層状に折りたたみながら練って作る生地を焼いて作るパンです。
一般的に北インドの朝食に食べられるもので、ダヒー(ヨーグルト)などを添えて食べます。 生地の中にジャガイモやパニール(チーズ)を練り込んだものもあり、ボリュームがあり、シンプルながらもお腹がいっぱいになる。これとチャイがあれば朝食はばっちりです。


パニールパラタとアル-パラタ 断面
アル-パラタ ジャガイモ入りパラタ
アル-パラタ ダヒー チャツネ の朝食セット
ケララ・パロタ
渦巻き状のケララパロタ
パイ状に油を練り込みますが、パイのようにさくさくするわけではなく、
生地がしっとりと油で接着されているような感じですかね。
チャパティーに比べて重く、腹持ちが良くなるので朝食に良いのでしょう。

具入りの物は、あんパンにあんこを詰めるような感じで真ん中に具を入れ、
それを平たく伸ばしてからフライパンで焼きます。
薄ーく均等に具が入り、どこを食べても同じ味を楽しめるのがうれしい。
パニールはカッテージチーズのようなチーズなのでさっぱり目ですが、
ジャガイモは軽くスパイスで味付けしてあるので、食べ応えがあります。

プレーンでも美味しいけど、贅沢に具入りを食べたくなりますよ。

ちなみに南インドのケララに行くと、パロタは違う物になります。
ケララのパロタは精白した小麦粉を使って作るもので、
生地を細長く伸ばした物を渦巻き状にくるくる巻いてから伸ばすので、
焼き上がったとき空気が入っていて、ふわふわとして食感が全然違います。

北インドのパロタは一般的に朝食に食べるもので、観光地などを除くと、
昼間は提供を断られることがありますが、ケララのパロタはパンの一種で、
時間帯関係なく、昼でも夜でも食べられました。
南インドは朝食と言えば米粉シリーズで、イドゥリ、ウッタパム、ドーサなど
他にいろいろありますからね。
(逆にこの南の朝食シリーズは北でスナックとして楽しまれてたりしますけど。)

インドで朝食を食べるとき、西洋風のトーストやサンドイッチではなく、是非パラタをどうぞ。
  

パラタ(パロタ)の作り方 レシピリンク


タグ : アッタ , パン , 小麦粉 , 朝食 , 焼く