矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ムーングダル moong dal [緑豆の揚げ菓子]

ムーングダル 緑豆の揚げ菓子 ムーングダルは緑豆のこと。皮をむいた挽き割りマメを油でカリカリに揚げて塩を振ったスナック菓子。その名も「ムーングダル」。豆の名前そのまんま。
スパイシーな味つけのスナック菓子が定番のインドで、塩のみの味つけなので、スパイスに慣れない日本人でも口にもバッチリ合います。豆のスナックなので腹持ちもよいため、移動時の非常食として食べるのもいいですし、酒のつまみにもちょうどよいです。
職場へのばらまき土産にも一押しですよ!



ムーングダル 緑豆の揚げ菓子 菓子屋の量り売り
町の菓子屋の手作り品
ハルディーラムのムーングダルとオールインワン
ハルディーラムの大袋。
タイ航空の機内食ででたムーングダル入りミックスナッツ
タイ航空の機内食のもの。
ネパールのメーカーのムーングダル
ネパールのメーカー製。
日本では緑豆はもやしの材料ですが、インド周辺国では
最も一般的な食べ方はターメリックなどと煮たスパイス煮であり、
家庭の食卓に頻繁にあがる安価で栄養価の高いメニューです。
緑豆だけでなくて、レンズ豆とかいろんな豆をスープにします。

その豆を手軽に食べられるようにしたおやつがこれです。
手作り菓子を販売しているお菓子屋さんで揚げたてを量り売りしてます。
私がインドを訪れた数年前では100グラムで10ルピー程度でした。
現在は物価が上がっているのでもっと高くなっているかもしれません。

また、菓子屋の手作り品だけでなく、大手メーカーの工場生産ものも多い。
一番有名なのはハルディーラム社製のもので、パッケージも綺麗。
一袋に30g程度が入った小袋などは土産物に配るのにもよいです。

お隣のネパールでもハルディーラムが菓子コーナーを席巻してますが、
よーく探すとネパールのメーカーもパクって(?)販売してます。
味は豆を揚げて塩味をつけてるだけなので全く同じですが、
袋がぱんぱんにふくれている割にはたったの22gしか入っておらず、
ポテチみたいに破損を心配する必要はないのだからもっと入れて欲しい。
(現地人の買いやすい価格にするためでしょうけど。10ルピーです。)

また、外国の航空会社のつまみの定番はピーナツですが、
タイ国際航空でムーングダル入りミックスナッツが出てきました。
なんだかだんだんといろんなとこに広がってきたようです。

日本では安価な食材として人気の緑豆が中国の物価上昇で高騰し、
日本企業がバングラディッシュの農家と買い取り交渉してましたけど、
もやしもいいけど、ムングダルにして売り出さないかな~。
豆買ってきて自分で揚げればいいんですけどね。

ちなみにハルディラムのナッツ類やサモサ(サモサの形をしたスナック)は
スパイスの味が強烈で味の好みは激しく別れると思います。
ムーングダル以外に比較的食べやすいのはアールバジャー。
ジャガイモを使ったベビースターみたいな感じです。

ムーングダルは日本の年寄りにもウケがいいし、一番のオススメ。
友達に「インド土産って何かえばいい~?」って聞かれる度に必ずこれを薦めます。

この料理を食べに行く

この料理はインド国内のどこででも手に入ります。
全国で味は何種類あるか検討付かないくらい種類が多いらしいです。
最近は日本在住のインド人が増えたので、日本でも割と楽に手に入る。

インドへ行く

インドの旅と言えば象徴的なのがガンジス川やタージマハル。
一般的なパッケージツアーではこれらを含めた北インドを中心に回る物が多い。
しかしインドは国土も広く、人口も多い。宗教も文化も多種多様です。
ご飯も各地で全然違うので、いろいろ歩いて味わい尽くしたいところ。
その場合はどうしても個人旅行にせざるを得ないです。

海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!
海外旅行はエイチ・アイ・エス等で航空券を予約して行っちゃいましょ。
北インドはデリー、ムンバイであれば日系航空会社のフライトがありますが、
その他のインド各地が目的の場合はシンガポール航空(SQ)がおすすめです。
タイ航空も悪くないけど、乗り継ぎの空港の快適さで私はシンガポールが好み。

まずはエイビーロードで検索を。問い合わせも無料です。

タグ : おやつ , スナック , ハルディラム , ムーングダル , 緑豆 , 菓子 , 豆