矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

地三鮮 di san xian [三種の野菜の炒め]

地三鮮 ピーマン、ジャガイモ、茄子の炒め 地三鮮とは文字から想像できるように畑でできた3つの美味なるもの。 その「3つ」とは茄子、ピーマン、ジャガイモのことで、これらの野菜を一口大の大きさに切って 素揚げしてから醤油ベースの味に炒めたあげた料理で、中国東北地方の代表的な家常菜(家庭料理)です。
油をたっぷり吸った茄子とジャガイモにこってり味のソースが絡み合い、高カロリーなのに やたらにうまい。一口でご飯が何杯も食べれそうなおかずです。


地三鮮 ピーマン、ジャガイモ、茄子の角切り炒め 皿全体
地三鮮 ピーマン、ジャガイモ、茄子の角切り炒め ジャカルタの俺の餃子
ジャカルタで食べた地三鮮
中華街に餃子屋が多いので、
東北のおかずもある。
中国の東北地方は高緯度にあり、冬の寒さはとても厳しい。
昔は今ほど流通網が整っていなかったため、冬に鮮度のよい野菜は手に入れにくく、 とても贅沢な食事だったそうです。
茄子の旬は日本だと夏~秋にかけてなので、中国も同じだとすると
厳しい冬が訪れる前に作るご馳走だったのかもしれません。
(じゃがいもはともかく、他の野菜は保存が難しいと思う。)

そう言えば東北料理やには、乾燥キノコやしょっぱい野菜の漬物など、
保存食を利用した料理がとても多いけど、寒い冬の貴重な栄養源
だったってことでしょう。日本の北部地方と同じです。

ほくほくにあがったジャガイモ、ほどよい油加減で瑞々しい茄子、
適度にしゃきっとした食感を残して仕上げたピーマンの組合わせが絶妙で、 「3つの美味なる物」という表現には納得するのだが、
これを超こってり味の醤油味に仕上げてしまうのが東北っぽい。

ご飯のおともとしては最高だけど、米が採れない地方だったから、
これに併せていたのは小麦系の主食だったと思うんだよねぇ。
絶対、南部の人には「田舎料理」って言われてそうな、そんな素朴な味です。
(広東とかならもっとサッパリ味に仕上げそうだし。そういや南部で芋料理も見たことないかも。)

しかし、東北地方の家庭料理屋さんはサッパリ味のおかずが多いので、
それらのサッパリ味と組み合わせるとよいですよ。
そして主食は餃子や春餅ではなく、是非白いご飯でどうぞ。
高カロリーだけど、野菜のうまさがじゅーぶん引き出されてうまいです。

家で作るなら茄子とジャガイモを揚げた後、フライパンでピーマンと共に炒め合わせ、
醤油、砂糖、鶏ガラスープで味付けて片栗粉でとろみをつけたらできあがり。
すり下ろしたニンニクを入れる料理人もいるようですが、その辺りはお好みでどうぞ。

タグ : 中国東北料理 , 揚げ炒め , 東北菜 , 炒め物 , 田舎料理 , 野菜