矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

刀削面 dāoxiāomiàn [とうしょうめん]

刀削面中国北部山西省で生まれた麺の一つ。その名の通り、小麦粉を練った生地をラグビーボールくらいの大きさに固めて寝かし、刃物で削りながら沸騰したお湯の中に入れる。
生地を手で持たず、頭の上に置いて削る料理人もおり、パフォーマンス性もある。
刀削麺用の包丁は曲がっているため、麺が一定の厚さに削れないところがポイントらしい。食べるところによって食感が変わるのだ。



刀削面 麺アップ
刀削面を削るところ
ラー油
刀削面の食感は、うどんと団子の間でしょうか。
コシがあるというより、むっちりとした食感が特徴的。
日本の麺類だと山梨のほうとうが一番食感が近い。

この店は、蘭州の拉面を出す店だったため、刀削麺も
薄い醤油味スープに浮かべられたスープ麺でしたが、
本場の山西省では、肉あんやトマトソースなど、
水気の少ない和え麺が多い。
(蘭州拉面は澄んだスープで食べるのが特徴。)

また、「刀削炒面」とあればやきそばのこと。
焼きうどんとも食感が違い、脂がしみ込んだむちむちの麺は
ボリューム満点!

日本でも最近、刀削麺のチェーン店が各地にありますので、
興味があったら是非どうぞ。
ラーメンほどこってりした物は食べたくなく、でもうどんじゃ物足りない。
そんな気分の時にぴったりです。

中国麺レポート オススメページ

中国拉面三味:kiyoさん管理。上海赴任中の麺の食べ歩き比較旅行記。

蘭州拉面

蘭州拉面 中華人民共和国甘粛省の省都の蘭州の面料理を扱う店。
潮州のバスターミナルの前にある交差点を渡ったところ。
面の種類が豊富だが、店の一押しは刀削面のようで、
「刀削面?」と聞かれてこれを頼んでしまった。
日本人がこればかり頼むからだったりして・・・。

タグ : めん , スープ麺 , メン , 中華面 , 大衆食堂 , 屋台 , 軽食 , 面 , 麺 , 麺類