矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

マントウ mantı [トルコ風ラビオリ]

マントウ トルコ風ラビオリガイドブックなどでは「トルコ風ラビオリ」なんていう訳し方をされるこの料理。
さすがシルクロードとヨーロッパの間にある国という感じで、パスタと中華の粉食の中間を行っている料理です。名前がマントウっていうのも食のつながりを感じます。
小麦粉を練って作った皮に肉餡をちびちびちびちび包んだものをゆでてにんにくヨーグルトをかけて食べる。さすがヨーグルト発祥の国。



マントゥを作るおばあちゃん
マントゥ作りは地道
この料理は羊の挽肉をベースにした具を小麦粉を練った小さなパスタに包むため ラビオリと訳されることが多いですが、
はっきり言って食感は水餃子です。

豚肉ベースのジューシーな餃子を食べ慣れている我々東アジア人にすると、 「何も餃子をヨーグルトで食べなくても・・・」という感覚。
慣れるとやみつきになるらしいですけども・・・。

ヨーグルトの発祥の地トルコでは、ヨーグルトの食べ方が多種多彩。
我々には考えつかないような食べ方も多いです。
ご飯やおかずにかけたりして食べるのは、ヨーグルト=デザートの我々には衝撃です。
(そういえばシュリナーガルのインド人家族もご飯にヨーグルトをかけていた。カレーではなく、ご飯に!)

トルコ料理通の方に言わせると日本で売られているヨーグルトは味が違うそうですが、
この料理はヨーグルトの味以前の問題で、我々には食べ慣れない味わいです。
好みの味ではなかったらヨーグルトソースなしでトマトソースで食べれば問題ないので、
ちびちびっとマントウを作って見るのも手です。
好みじゃなかったら、ヨーグルトはサラダのソースにしちゃえばいいんです。はい。

マントウの作り方

材料:
皮:小麦粉400cc、卵1個、水100cc、塩 適量

具:牛挽肉100g、タマネギのみじん切り1/2個、塩・胡椒適量

ソース:ヨーグルト400cc、すり下ろしニンニク1かけ分

唐辛子バターソース:バター大さじ2、唐辛子の粉 小さじ1/2
(その他、トマトソースをかける場合も)
  1. まず皮を作ります。小麦粉、塩を混ぜ、水、卵を加えてよくこね、ラップをして1時間寝かせる。
  2. 生地を寝かせている間にソースと餡を作ります。
    ヨーグルトにすり下ろしニンニクを混ぜてヨーグルトソースを作る。
  3. 挽肉とタマネギをよく混ぜ、塩胡椒で味を調えて、餡を作る。
  4. 1時間後、寝かせた生地を打ち粉をした台の上で2,3ミリの厚さに伸ばし、4×4cmの正方形に切って皮を作る。
  5. 餡を皮で包みます。真ん中に具を少し乗せて皮の四隅の角をあわせてぎゅっとつまむような形にする。ほんの少しずつ包む方が手が込んでいてトルコ的には◎なのだそう。
  6. 鍋に湯を沸かし、沸騰したら5を入れる。再沸騰したら弱火にして5分ほど茹でる。
  7. フライパンにバターを溶かし、唐辛子を入れて混ぜバターソースを作る。
  8. マントウが浮いてきたらざるに上げて水を切り、皿に盛りつける。
  9. ヨーグルトソース、唐辛子ソース(トマトソースでも可)をかけ、パセリを散らしたらできあがり。

以外と簡単なトルコのお袋の味。でも根気のない私はちびちびと小さく包むのは続かなそう・・・。
レシピを見て頂けるとわかると思いますが、これを酢醤油で食べたら完璧牛肉の水餃子です。
食文化の変遷って面白いですねぇ。

トルコの文化がわかる大好きな本

トルコで私も考えた
トルコ好きが高じてトルコ旅行中に出会ったトルコ人とご結婚した漫画家高橋由香利さんの漫画エッセイ。
トルコの生活、庶民文化や家族のことがネタになっていて大変面白い。漫画なので入りやすくてオススメ。私は彼女のファンの友達から薦められ、本にはまって結果的にトルコ旅行にいっちゃいました。今は彼女の息子のケナンくんがどうしているか大変気になってます。

タグ : パスタ , ヨーグルト , レストラン , 小麦粉 , 点心 , 粉食 , 茹でる , 軽食

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン