矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

トルコ

<<前の10件  1  2  3  4

ストラチ sutlac [ライスプディング]

ストラチトルコを代表するお菓子の一つ。トルコの人が大好きなお菓子ってとことん甘いんですが、私はこれはちょっとだめだったなぁ。
簡単に言うとライスプディングなんですが、イギリスのライスプディングなんかもお米がごろごろ入っていて日本人の私にしてみると「米はお菓子じゃな~い!」とちゃぶ台ひっくり返したくなるところもありましたがそれでもまだ食べられました。カスタードプディングに米粒が入っているような感覚で。
甘さとでろでろの食感がいまいち好きになれなかった。


ココレチ kokoreç [羊の腸のスパイス炒め]

ココレチ 羊の腸のスパイス炒め ココレチkokoreçとは羊や牛の腸に香辛料を詰めて炙り焼きにした料理。 授乳期の仔羊の腸が最も美味しいと言われています。
通常、露天商や専門店だけで扱われる料理で、トルコの酒ラクやビールのつまみにしたり、トルコパン(エクメック)に挟んでサンドイッチにして食べます。
スパイスをふんだんに使ってはいますが、臭いに癖があり、好き嫌いが分かれるだろうなぁという味でした。


ラフマジュン lahmacun [トルコ風薄焼きピザ]

ラフマジュン ラフマジュンはアラビア語源の肉付パンのことで、一部の地域ではエトリ・エキメッキとも呼びます。
薄く伸ばしたパン生地に羊の挽肉、タマネギ、パセリのみじん切りと好みの辛さの唐辛子を乗せかまど(フルン)で焼いた物。トマトのみじん切りを乗せることもあります。
食べる時にはレモンを絞り、ミントの葉を添えて。焼きたてがパリッパリで超おいしい。そのままや生野菜を乗せてくるくると巻いて食べたりします。


クシュバシュ kuşbaş [羊肉のさいころステーキ]

クシュバシュ 羊のサイコロステーキクシュkuşが小鳥、バシュbaşが頭という意味のトルコ語で、ここでは小鳥の頭くらいの大きさの肉の塊を指します。
さいの目切りにした肉にスパイスで味つけをして焼いた物で、肉と一緒に添えられた野菜と共にアラブパンに挟んだりして食べます。
お酒も飲むし、お祈りに行かない人も多いトルコですが、それでもイスラム国家なので、肉は当然羊や鶏肉(牛肉の場合もある)。ケバブ屋では羊肉を使われていることが多いです。


キレミット・ケバブ kiremit kebabı [肉とトマトの窯焼き]

キレミット・ケバブ(肉とトマトの窯焼き)ケバブというと日本人は、シシケバブとかドネルケバブとか羊肉を串に刺したりして焼いたシンプルなものをイメージする人が多いのではないかと思う。かくいう私もそうでした。
しかし、実際にトルコに行くとケバブとはいわゆる焼き肉を総称していうもので、こういう一見煮込み料理風の料理もケバブという。まあ、この料理は野菜と一緒に鉄板で焼いているといったらそれまでですが。でも、ちょっとイメージと違うと思いません???


チョバン・サラタス coban salatası [野菜の角切りサラダ]

チョバン・サラタス(野菜の角切りサラダ)チョバンとは羊飼いを意味するトルコ語で、その昔、羊飼いが放牧地でさっと作って食べたことに由来すると言われています。
トマト、きゅうり、タマネギなどの野菜をを角切りにし、レモン、オリーブオイルで味付けをしたシンプルなサラダで、スパイシーで脂っ気の多い羊肉料理をよく食べるトルコの食卓では欠かせない脇役です。
シンプルなだけに野菜のうまみの善し悪しが顕著に出る料理です。


<<前の10件  1  2  3  4