矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

メキシコ

<<前の10件  1  2  3  4

チレス・エン・ノガダ chiles en nogada [唐辛子の肉詰めクリームソース]

チレス・エン・ノガータ ピーマンの肉詰め ザクロソース チレchileは唐辛子、エンenは~の中で、ノガダnogadaはノガールnogal(クルミの木)に由来する言葉です。ノガタと濁らない場合も。
ボブラノ品種のピーマンみたいな大きな唐辛子に豚の挽肉、アーモンドやクルミなどのナッツ、バナナなどを詰めたものに生クリームをかけたもの。仕上げにザクロをトッピングします。
クルミバースの少し甘めなソースに、仕上げにかけたザクロのフルーティーな香りと味が鮮烈で、日本ではあまりなじみのない組み合わせ。日本人には好みは分かれる味です。

ポジョ・アル・アヒージョ pollo al ajillo [鶏のニンニクソース]

ポジョ・アル・アヒージョ 鶏肉のニンニクソース ポジョpolloは鶏胸肉、アヒージョAjilloはニンニクと赤ピーマンのソースを表すスペイン語。ちなみにアホajoはニンニクです。
ポジョ・アル・アヒージョというとスペイン料理ではニンニク風味のオリーブオイルで鶏肉を炒めたものなので、ガーリックがぴりっと効いた鶏肉料理が出てくると想像していましたが、 このお店ではニンニク風味のコーンクリームスープがかかった鶏肉でした。
見た目はおいしそうでしょう。でも、冷たいんですよ・・・。はずした~!

モーレ・ネグロ mole negro [鶏肉の黒いチョコレートソース]

モーレ・ネグロ 鶏むね肉のチョコレートソース モーレmoleとは唐辛子を入れた煮込み料理やソースのことをさします。ネグロnegroは黒いという意味。つまり真っ黒いいろのチョコレートソースがかかった料理です。
チョコレートは砂糖などを混ぜてお菓子として食べるのが定番の日本人にとって、 料理のメインに使うという発想自体がありませんが、その上で、見た目がホントに真っ黒くろすけ。
味が全く想像出来ませんが、モーレといえばメキシコを代表する料理として必ず紹介される定番です。

トルタス tortas [メキシコ風サンドイッチ]

トルタス メキシコ風サンドイッチ トルタtortaはお菓子という意味のスペイン語ですが、メキシコではサンドイッチのことをいいます。
日本のパン屋さんで売られているソフトフランスのような食感の、少し噛み応えがあるメキシコパンを使い、具を挟んで食べるものです。
具はトマト、玉葱、ハム、チーズなどパンに合うオーソドックスなもの。 レストランなどで食べる上品な料理ではなく、屋台スタンドなどで購入してたべる気軽な軽食。
タコスとトルタスはメキシコ中どこに行ってもみかけます。

タキートス taquitos [トルティージャ巻きフライ]

タキートス トルティージャの具巻きフライ タキートtaquitoは小さめのトルティージャで鶏肉などの具を巻き物を油で揚げたもの。 フラウタflauta(フルートという意味)と呼ばれることもあります。
トルティージャは1~2mmくらいの厚さがあるため、生地にもボリュームがある上に、さらに具がぎっしり詰まっていて食べ応えがあります。バリバリと音を立てながら豪快に頂きたい一品。
すごく食べやすいのでぺろりと平らげてしまいますが、それなりに高カロリーなので食べ過ぎに注意したい。いや、うまいに決まってますよ。

エンチラーダス enchiladas [トルティーヤのサルサがけ]

enchilada エンチラーダはen=中、chil(e)=唐辛子、ada=~されたという言葉をくっつけたもので、直訳すると唐辛子ソースに包まれた、浸されたものという意味で、唐辛子のソースにトルティーヤを浸して食べる料理。メキシコなど中米諸国ではトウモロコシが主食の国が多く、このエンチラーダが定番中の定番です。
中米諸国はトウモロコシが主食なので、トルティージャにソースつけて食べるのは日本人がご飯に卵をかけて食べるのと同じような感覚なのではないかと想像します。
メキシコ、グアテマラ、アメリカ等に言ったらぜひどうぞ。

コチニータ・ピビル cochinita pibil [ユカタン風豚肉蒸し]

コチニータ・ピビル ユカタン風豚肉の葉包み蒸し コチニータは豚肉、ピビルは先住民族の言葉で石のオーブンを指します。豚肉をアチョテ、酢、唐辛子で煮込み、バナナの葉に包んで石蒸しにしたユカタン地方の伝統料理です。南太平洋のロボ料理と作り方が似ていて、ピブ(PIB)と呼ばれる地面に掘った穴に焼いた石を入れ、竜舌蘭(テキーラの原料)の葉を被せて蒸し焼きにします。
スパイスを使ってじっくりと蒸された豚肉は脂身が少なく、柔らかくほろほろに崩れます。 いろんな味が混じり合った美味しくもヘルシーな料理です。

ブリトー burrito [小麦粉タコス巻き]

ブリトー チーズとハムのブリトー ブリトーburritoは小麦粉で作ったトルティーヤ(薄焼きパン)に具を乗せて巻いたもの。 その様がロバの耳に似ていることから、スペイン語で小さなロバを意味するブリトーという名称がついたという節があります。
中に入れる具は米、インゲン豆、トマト、サルサ、チーズ、サワークリームなど多種多様です。 写真のブリトーはハムとチーズを入れたごくごく一般的なものです。
一見軽そうですが、具がタップリ入っていて腹持ちがよく、ちょっと小腹がすいた時などに食べるのにぴったりの軽食です。

ケサディーヤス quesadillas flor de calabaza [カボチャの花のトルティーヤ包み]

ケサディーヤス カボチャの花のトルティーヤ包み ケサディーヤス(またはケサディージャス)は、マサと呼ばれる穀類を使って作った生地にケソ(スペイン語でチーズ)などを挟んで焼いたメキシコを代表する軽食の一つ。見た目が黒いのは黒いトウモロコシを挽いた粉をマサに混ぜているからです。
具はチーズの他に食用カボチャが入っており、折りたたまれた生地を開くと、花のオレンジと茎と葉の黄緑色が鮮やか。そして、全体を包む様にチーズがとろけて絡み合います。
見た目ではあまり食欲が出ませんが、食べてみるとかなり濃厚でうまいです。

グァラチェス guaraches [具だくさん巨大わらじせんべい]

グァラチェス guaraches 巨大わらじせんべいのソースがけ グァラチェスguaracheはメキシコの革のサンダルの一種のこと。幅40cm長さ20cmほどの楕円形をした黒いトルティージャを油で揚げたおせんべいで、その形がサンダルの様な形をしているからこの名前がついたと思われます。
日本でよくある楕円形のエビせんべいと米せんべいの間くらいの歯ごたえで、とても食べ応えがあります。
この揚げトルティージャに黒豆ペーストを塗り、さらにソースやチーズでトッピング。 一つ食べたらおなかいっぱいで、おやつというより軽食ですね。

<<前の10件  1  2  3  4