矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

メキシコ

<<前の10件  1  2  3  4

パヌーチョス panuchos [ユカタン風具のせ揚げトルティージャ]

パヌーチョス ユカタン風揚げトルティーヤのソースのせ パヌーチョスpanuchosはユカタン州のスナックの一つ。2枚のトルティージャにフリホレスと呼ばれる黒豆のペーストを間に挟みラードで揚げたもの。その上にコチニータ・ピビルなどの具をトッピングします。フリホレスは挟み込むのではなく、表面に塗る店もあるようです。
ユカタン半島では屋台やカフェ、そして郷土料理レストランでも食べられます。 油で揚げているぶん、結構重たいので、前菜代わりに数人でシェアして食べてもいいかも。

ソパ・デ・トルティーヤ sopa de tortilla / azteca [トルティーヤスープ]

ソパ・デ・トルティーヤ ソパ・デ・アステカ トルティーヤスープ アップ ソパsopaはスープ、トルティージャtortillaはトウモロコシをひいて粉にした物を練って作った円形の薄焼きパンのこと。 タマネギ、ニンニク、トマトベースのスープに揚げたトルティージャが入ったもので、別名でソパ・デ・アステカともいいます。
揚げたトルティージャがクルトンの様な役割をしますが、クルトンに比べて堅めで、簡単にふやけず、バリバリとした食感が楽しめます。
具だくさんでこれだけでかなり満腹感があるスープです。

パボ・エン・レジェノ・ネグロ Pavo en relleno negro [七面鳥の黒シチュー]

パポ・エン・レジェノ・ネグロ pavo en rellono negro 七面鳥の黒ソース煮込み パボpavoは七面鳥、ネグロnegroは黒い、そしてレジェノrellenoは詰め物をしたとかまるまるとしたという意味のスペイン語です。
ぶつ切りにした七面鳥をアチョテ、唐辛子、ニンニクなどのスパイス類が入った黒いスープで煮込んだもので、仕上げに固ゆでたまごがごろんと一個はいります。
胡椒やピリ辛な感じの唐辛子がアクセントにきいたうまみのあるさらりとしたスープで、 見た目はインパクト大ですが、味はとてもおいしい。

タサホ・サルサ・メヒカーナ tasajo con salsa mexicana [牛干し肉のソースがけ]

タサホ・サルサ・メヒカーナ 干し肉のトマトチリソースがけ タサホtasajoは牛肉を薄切りにして干したもの。サルサ・メヒカーナは青唐辛子、トマト、タマネギを使って作った定番中の定番のソースです。ほんのり塩味の聞いた牛干し肉を焼いてソースをかけて食べるとてもシンプルな料理で、脂っ気もなく、あっさりしているので食べやすい。半生のビーフジャーキーのステーキです。
メキシコのオアハカ地方の伝統料理で、牛肉ではなく豚肉の干し肉はセシーナcecinaといいます。お好みで牛か豚をチョイスしてください。

ティンガ・ポブラナ tinga poblana [豚肉とチョリソーのトマト煮込み]

ティンガ・ポブラーノ 豚肉のこってりトマト煮込み ティンガtingaとは肉をトマト、唐辛子と煮込んだ料理のこと。メキシコ料理発祥の地ともいわれるプエブラでは豚肉を使って煮込みます。
油の多い豚バラ肉にチョリソー、トマト、タマネギなどを煮込んだものに唐辛子を入れた非常にこってりした味の煮込みなのですが、意外に辛くなく、むしろ甘いと感じるくらい。 このままでもごちそうですが、これを具にしてエンパナダスを作ったりする主婦もいるみたい。残り物クッキングかな。

チャラレス charales [小魚のフライ]

チャラレス charales 小魚のフライ チャラレスcharalesは指先ほどの大きさの小魚のこと。ミチョアカン州のパツクアロ湖ではこの小魚をフライにして揚げたものが名物です。
トウモロコシの粉を練って作った生地を皿状に整形して揚げ、その上に揚げ魚をオン。 魚の衣にすこしスパイスをまぶしてありますが、全体にシンプルな味付けで、すごく日本人好みで食べやすい。
メキシコで「うまい!」と独り言がこぼれた数少ない一品。

ソパ・デ・メデューラ sopa de médula [骨髄スープ]

骨髄スープ ソパsopaはスープ、メデューラmédulaは骨髄という意味のスペイン語。 骨髄をみじん切りにしたタマネギやニンニク、トマトと一緒に煮込んで作ったスープです。
臭み消しの役割なのか、梅干しのような見た目の酸っぱい木の実を干した物が入っていましたが、全然臭みは消えておらず、何ともいえない味付け。
おまけにぬるかったので、よけいに微妙な味でした。でもわかりやすいうまさがないぶん、体には良さそう系の味です。

ケソ・ポブラーノ queso poblano [唐辛子のチーズ詰め]

ケソ・ボブラーノ 唐辛子のチーズ詰め 割ったところ ケソquesoがチーズ、ポブラーノpoblanoが大きさがピーマンの2倍くらいある大きな唐辛子のこと。ポブラーノの種を出し、チーズを入れたものに小麦粉で薄衣をつけて揚げた料理で、仕上げにトマトベースのソースがかかっています。
大きな唐辛子がお皿にでーんと鎮座する姿は威風堂々としており、一口食べてそのうまさに驚愕。適度に肉厚でピリリとしたアクセントがある唐辛子の中にはいったチーズがとろりと口の中にとろけ、とっても幸せな気分になる。メキシコで食べた中でもっとも気に入った料理です。

ポソーレ pozole [大粒コーンと野菜の具だくさんスープ]

ポソーレ 具だくさん野菜スープ ポソーレpozoleとは豚の頭などでとっただしにカカワツィントゥルと呼ばれる大粒のホワイトコーンや肉などを煮込んで作ったメキシコの家庭料理の一つ。味付けは塩味で素朴な味で、お店によってはスープの色を白か赤を選ぶことができます。
赤いほうのポソーレ・ロホはチレ・グアヒーヨという赤唐辛子が入っていますが、辛さはマイルドで適度にコクがあります。
たっぷり野菜もとれるので、野菜不足になりがちなメキシコの旅では重宝しますよ。

チュレータ・デ・セルド chuleta de cerdo el pastor [豚スペアリブステーキ]

チュレータ・デ・セルド 豚スペアリブステーキ セルドcerdoが豚、チュレータchuletaはあばら肉という意味のスペイン語。豚のスペアリブステーキです。パストールpastorは羊飼いのという意味になるので、羊飼い風豚ステーキ。
少し酸味があり、甘めのたれにつけた豚のスペアリブを焼いたもので、フライドポテトとサラダを添えてあります。
味付けは地方やお店によって違いますが、豚の脂や肉がガッツリ食べたい時に頼むといいですよ。肉食べた~って気分に浸れます。

<<前の10件  1  2  3  4