矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ソパ・デ・フリホレス sopa de frijoles [黒豆のスープ]

ソパ・デ・フリホレス 黒豆のスープ アップ ソパsopaがスープ、フリホレスfrijolesがインゲン豆という意味のスペイン語。 ちなみにフリホレスというのは複数形で、単体だとフリホール。 茹でた黒インゲン豆をミキサーにかけてつくったポタージュスープで、グアテマラだけでなく、周辺各国でよく食べられます。
シンプルに豆だけが入っている物が多いですが、これにトルティーヤやアボカドを投入した豪華版もありスープだけで満腹になります。
豆の優しい味が胃の中に染み渡るしっとりとした味です。


ソパ・デ・フリホレス 黒豆のスープ
ソパ・デ・フリホレス 黒豆のスープとトルティーヤのセット
中南米では昔からトウモロコシとこの豆が主食です。
レストランで、屋台で、市場で、旅行者でも毎日目にするほど一般的で、
たいてい黒インゲン豆が使われます。

肉料理などには必ず豆を塩味で煮込んだ煮豆が添えられます。
スープにしたときも余計な味はつけず、ほんのり塩味が優しい味。
ビタミンやタンパク質を豆から補って生活していたのでしょうね。

ちなみに黒豆を正確にいえば「フリホール・ネグロ」です。
他にも赤インゲン豆なら「フリホール・ロホ」。
メキシコだと豆をペーストにしたものが紙パックで売られていますが、
ミキサーがあれば簡単にできますし、乾燥豆を購入して作るのもあり。
朝食にこれ食べたら1日元気でますよ~。

タグ : アンティグア , スープ , レストラン , 豆

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン