矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

シルパンチョ sillpancho [わらじステーキのせご飯]

シルパンチョ写真を見た瞬間「おおっ、なんじゃこりゃーー!」と驚き、思わず注文してしまった一品。
少し塩気をつけて炊いたインディカ米の上に、フライドポテト、わらじのように薄く伸ばした牛肉ステーキ、そして目玉焼きが載るという豪快なボリビアンジャンクフード。ボリビアのコチャバンバの名物で、コチャバンバではシルパンチョ専門店シルパンチェリアなるものまである。



シルパンチョに添えられたパンとサルサ
シルパンチョ断面
ラパスのカフェテリアドゥンボの雰囲気
ボリビアで牛肉が食べられるようになったのはスペイン入植後に
家畜として連れてこられてからのこと。
しかし、今ではわりとポピュラーな食材として登場する。

ボリビアで飼育されている牛は一般的に筋張っていて固いので
その固い肉を美味しく食べるために出来たのがシルパンチョ。

肉を少しずつ叩きながら筋を断ち切り、薄ーーく伸ばしたのが
この肉の正体。
パン粉を振りかけながら叩くとパン粉が肉の隙間に入り込み、
焼いた後さくさくとした食感を作り出す。

肉の質感を残したまま安い肉を美味しく食べるための工夫ですね。
(ミンチにすると柔らかくて肉の食感がなくなるし)

肉自体に塩胡椒でちょっとスパイシーに味つけしてあるので、
半熟に焼かれた目玉焼きを崩して黄身と混ぜながら食べるもよし、
ステーキ丼のごとくご飯と一緒にかぶりつくもよし、
ケチャップやマスタードを付けてジャンキーに食べてもよし。

超ボリューム満点なので(この皿は直径30センチ近い)、日本人には多すぎるのが玉に瑕。
(しかもこの店はパンも付いてたし・・・。)

シルパンチェリアは、うまい、早い、安いの吉野屋的存在らしいです。
ジャンク飯好きのあなたは是非おためしください。野菜はこの際、別の機会に取りましょう。

ドゥンボ DUMBO

ドゥンボ 外観
ラパスのカフェテリアドゥンボの看板
Av. 16 de julio, La Paz, Bolivia tel:2-231-3331

ラパスのメインストリート 7月16日通りにあるカフェレストラン
店頭で売られているアイスクリームに人だかりが出来ているし、
店の中のお客はほとんどパフェを食べているので、
ケーキやパンぐらいしかないのかと思ったら、
ハンバーガーやポテト、シルパンチョの様な軽食も扱っていた。

テーブルを担当してくれた若い男性店員のサービスが気持ちよい。
ただし、お酒がなかったので夜に食べに来るのは物足りないかも。
ラパスは割と食事どころを探すのに苦労しました。
フライドチキン屋とかカフェテリアが多くって・・・。

タグ : ご飯 , ステーキ , スナック , ラパス , 卵 , 焼く , 牛肉 , 肉 , 軽食

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン