矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

中国の新年。春節のお祝いに食べるお餅「年糕」。

年糕 中国 春節 餅 パッケージ 昨今ではお休みを利用して海外旅行にでかける中国人の姿を追ったテレビ番組も多く、中国の大型連休を意識する日本人も増えてきました。その大型連休の中でも最も有名なのが春節。中国のお正月です。旧暦に則った休日なので毎年日にちが変動します。
日本で大晦日に年越しそば、お正月にお雑煮やおせち料理などを食べるように中国でも春節ならではの食べ物がありますが、有名なところでは大晦日に餃子、お正月に春巻きでしょうか。
今回は「年糕」」と呼ばれる中国のお餅を手に入れたので食べてみました。


年糕 中国 春節 餅 中身とカバー 冒頭のお魚ちゃんの写真。実はこれが年糕でした。
年糕は「年年糕」とも呼ばれ「年年高(年年ガォ)」と同じ読み方で、
仕事と生活が年々高くなるという意味があるそうです。
縁起がいいから食べるのですね。

プラスチックで出来たお魚の形の型にお餅を流し入れて固めた物。
それだけでは地味なので、色をつけたカバーが掛けてありました。

中国の旅行代理店「アラチャイナ」によると、長江南部の流域では
大晦日に魚を食べる習慣があるそうなので、それももじったか。

年糕 中国 春節 餅 中身 中身を出したところです。つやつやの黄色いお餅。
日本のお餅は糯米を蒸したのを杵と臼で搗いて餅を作りますが、中国のお餅は 糯米を粉にしてを水で練ったものを整形するようです。最近では日本のお餅もそういうのが増えてきましたけど。

中国北部では甘い餅、南部では甘いのとしょっぱいのがあるそう。
ちなみにこちらは北部(青島)で買ったので甘い物でした。

年糕 中国 春節 餅 スライスしたところ お餅をスライスしたところ。結構さっくりとスライスできます。
魚の形をしているときはなかなかかわいいが、
スライスすると全く何が何だかわからなくなる。

お餅ってろうの塊みたいにみえるよね。

年糕(正月もち)を焼いた物 食べ方は焼いて食べたり、揚げて食べたりってことなので焼いてみました。
砂糖がたっぷり入っていて甘いようなので、フライパンにちょこっと油を引いて フライパンで焼いた。
網で焼くとでろでろにとろけると思いまして。
魚の胴体スライスとは思えない形です。

年糕(正月もち) を焼いた物 一切れ こげこげ 味はびっくりするくらい甘い!!
日本のお餅はお餅にはあまり砂糖は入れず、きなことかあんことか一緒に添える物の方を甘くするので、 ここまでお餅が甘いのは食べ慣れないですね。
甘いから焦げるのも早かったということです。砂糖でカリカリになりました。

というわけで、このお魚を一匹食べきるのは到底不可能で、 即刻冷凍庫行きになりました。次はいつ食べよう。

おまけ。春節に関係ないけど「香胆」ももらったので。

香胆 睾丸のサラミ こちら香胆という加工品です。
豚の睾丸に詰め物をしたソーセージというかサラミのようなものだそうです。
お正月とは全く関係ないけど、いただいたのです。

香胆 睾丸のサラミ パッケージをあけたとこ パッケージを空けるとこんな感じ。
なんか飴色で玉葱みたいに見えてかわいらしい。
中に詰め物をして、上部をきゅっと紐で縛ってあります。

香胆 睾丸のサラミを割ったところ 割ってみるとこんな感じです。
中国の腸詰め・・・ではなく睾丸詰めですが、独特の香りがします。
見た感じは普通のソーセージか何かに見えますよね。

香胆 睾丸のサラミ スライスしたところ スライスして普通に冷菜として食べました。味は至って普通。
中国の腸詰めは甘かったりすると聞きますが、これは甘くなかった。
そして、スパイス(漢方)もきつくなく普通に食べやすかったです。

実は最初、輪切りにして焼いて食べてみたんですけど、
焼いて食べると中の脂が溶け出しちゃったのです。
また、味もちょっと濃いめにしてあったので、温かいと濃すぎで、
だから冷菜として食べるのが一番美味しい食べ方でした。

こんな食べ方もあるのだなぁ。日本では豚の睾丸ってどうしてるんでしょうね。


タグ : 中国 , 年糕 , 春節 , 餅

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン