矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ベトナム

<<前の10件  1  2  3  4

フォー・ボー Phở bò [牛肉のせ米平麺]

フォーボー日本でもおなじみのベトナムめしの一つ。米で作った平面のフォーは、ベトナムでは朝食の定番。ベトナム人なら誰もが自分のお気に入りの味付けの行きつけフォー屋があり、毎日のように食べている。
小麦を練って作ったうどんなどと違い、のどごしよくするするっと入るあっさりした麺なので、にゅうめんでも食べているような感覚。確かに朝食や食欲のない時にぴったりのさわやかな味わいです。


バイン・ヌォン・バオ・ケム bánh nướng bao kem [シュークリーム]

バイン・スー・ケム シュークリームbánh nướng bao kem を直訳するとクリームkemを包んでbao焼いたnướngお菓子bánh。ご存じシュークリームです。
ガイドブックではbánh xu kemとなっているのでシューという言葉がベトナムにも定着しているのだと思います。(そしてbánh kemだけだとケーキになる。)
フランス菓子のシュークリームはプリンと同様にベトナムのおやつに欠かせない物として定着しております。


コム・スーンcơm sườn nướng [豚バラ焼きご飯]

豚バラ焼きのせごはんベトナム大衆食の定番。たれにつけ込んだ豚バラ肉を炭火で焼き、ごはんにでーんと乗せてしまう。日本でもどんぶりは人気の庶民食ですが、ベトナムでも豚肉や鶏肉をご飯の上に乗せて食べる。
ベトナムでは朝食の時にコムタムという砕いたお米を炊いて食べるのですが、このコムタムに豚バラ肉を乗っけて朝から食べるのも定番だとか。朝食は活力の元とはいえ、ちょっとすげって思ってしまいます。(cơm=ご飯、sườn=あばら、nướng=焼く)


バイン・バオ bánh bao thịt [肉まん]

バインバオ 肉まん 見たまんま。肉まんでございます。bánh=お菓子、 bao=包装、袋、 thịt=肉ということから、肉を包んだおやつ。baoは中国語の包(パオ)から来た言葉のかなぁと想像します。
ベトナム風の肉まんにはゆで卵が入っているのが特徴的。ウズラの卵なら1個。アヒルの卵なら1/2個入っているのが普通です。
おやつは待っていると向こうからやってきます。
バスがちょっと休憩すれば、ほら。売り子さんがふら~っとくるのだ。


チェー chè [ベトナム風氷ぜんざい]

チェー・ホッ・エーとチェー・ダウ・デンベトナムデザートの定番。(かき氷+ぜんざい+ジュース)÷3って感じの不思議なデザート。
小豆、寒天、フルーツなどの様々な具をコップに入れ、クラッシュアイス、シロップなどをかけて食べるシンプルなものだが、蒸し暑いベトナムではこれが超美味い。
暑さでへとへとになった後、エネルギー源の砂糖と水分が一気に補給できる上に、きんきんに冷えた氷で体を冷やしてくれる優れものスイーツなのです。


コム・ドゥン・チャウ cơm dương châu [広東炒飯]

広東チャーハンベトナム風の広東チャーハン。少し甘めの味付けながらパラぱらっと上手に炒めてあって、ぐいぐいと食べてしまう一品。
cơm=ご飯、châu=大陸、dương=プラスという意味。
具の中にハムが2種類。一つはチャーシュー風の普通の豚肉を使ったハムだが、もう一方は油が多めでサラミに近く甘い。おそらくラップスーンというベトナムサラミ。その他、エビ、卵、タマネギ入り。素材の甘みとニョクマムがよくあう。
やや甘めながら万人受けする味。


ラウ・カ・バサ Lẩu cá BASA nấu ngọt [バサフィッシュの甘い鍋]

バサ魚鍋バサというのはベトナム南部アンジャン省のメコン川流域で養殖されている魚。それを鍋にしてもらった(Lẩu=鍋、cá=魚)。
コックという魚も養殖されているようですが「コックはなくなったので代りにバサで作るってのはどう?」という提案にのり、バサにしたら値段がぐっと下がった。コックの方が大きい魚だったのかも。
ベトナム南部は全体的に甘辛く濃い味付けが特徴的。だから鍋も「nấu=煮る」、「ngọt =甘く」という調理法になるのかな?


ゴイ・ブォーイ gỏi bưởi khế tôm khô [ザボンのサラダ]

ゴイ・ブオイ ザボンのサラダゴイgỏi=サラダ、和え物、ブォーイbưởi=ザボン。tôm khô=干しエビ。ザボンと干しエビの和え物という英訳を見て頼んだのだが、出てきたときに思わず感嘆の声を上げてしまった。
「うわ~きれ~」
ザボンの黄色、トマトと干しエビの赤、たでの葉の緑が白い大きなお皿の上に鮮やかに映えわたる。ゴイブォーイというとザボンをほぐしてあえてあるものも多いらしいが、この盛りつけの方がうつくしー♪


ラウ・イェー Lẩu Dê [山羊鍋]

ラウイェー(山羊鍋)ベトナム=暑いというイメージですが、ベトナム人は暑いさなかに汗をだらだらかきながら鍋を囲むのが大好き。従って、夕方の大衆食堂や鍋屋では鍋を囲んで「ヨーッ(乾杯)」って大騒ぎする家族連れ、若者や親父で一杯!
ラウ=鍋、イェー(北部ではゼーと発音)=山羊ということで、これは山羊鍋でございます。
ホーチミンではちょっと歩けば山羊鍋屋で「ヨーッ」である。楽しそうだ。


ボー・コォー Bò Kho [ベトナム風ビーフシチュー]

ベトナム風ビーフシチューかつてベトナムはフランスに統治されていた。そして、お隣は中国である。2つの食の大国の影響をうまく受けたベトナムでは、何食っても美味い

中華料理も西洋の影響を受けてか、妙に洗練された上品な味付けなのです。そこいらの屋台で出す麺もインスタントラーメンのくせにおばちゃんがちゃんと鶏でスープを取ってたりするんです。

食べ物が旨いから、OLさんが押し寄せる人気の旅行先になったのかも。


<<前の10件  1  2  3  4