矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ムー・ヨー หมูยอ moo yo [ポークソーセージ]

ムー・ヨー ポークソーセージ 切ったところ ムーヨーหมูยอはバナナの葉っぱで包んで蒸して作るベトナム風の蒸しソーセージです。ムーが豚なので豚が原材料のポークソーセージ。
日本で売っているポークソーセージに食感も味も近く、そのままスライスして食べても美味しいですが、野菜と和えてサラダ(ヤム・ヨー)にしたり、ご飯と一緒に炒めてカオパット・ムーヨーにしたり、食材として料理に使います。
蒸してあるので脂は抜けていて非常に蛋白なのでさっぱりした味が食べたいときにどうぞ。


ムー・ヨー バナナの葉っぱで包んで蒸したポークソーセージ
ムー・ヨー ポークソーセージ 葉の包みをむいたところ
ヤム・ヨォー(ソーセージのサラダ)
ヤム・ヨー。和え物・サラダ。
タイ風韮饅頭 カノム・グイチャイのポークソーセージ添え
カノム・グイチャイ(韮饅)
にムー・ヨー添え。
ベトナムではチャーと呼ばれるこのポークソーセージ。
特産品でもある胡椒がふんだんに使われているのが一般的です。
タイにはベトナムの移民がタイの東北部に持ち込んだことから広がり、
現在では東北部、北部などで名店を見かけます。

タイでも胡椒がたっぷり利いたムーヨーが売られているようですが、
私がなにげに手に取ったこちらは塩味も薄めで蛋白そのもので、
日本がほこる加工食品ギョニソに近いような味わい。
数種類のムーヨーを扱っていたので、胡椒味もあったと思われる。

蒸した次点で豚肉独特の脂も抜けきっている感じで、
つまみに食べるときはスイートチリソースなど、はっきりした味の
ソースをつけると美味しいです。

料理の食材として使う場合は、ソーセージ自体には味が絡みにくいし、
脂などのうまみも出てこないので、炒め物などに使うより、
カオトム(雑炊)の具とかサラダなどがおすすめです。

ちなみに発酵させたソーセージをネームと呼びますが、
これはベトナムの呼び名と同じです。
発酵させたソーセージは酸味と香りがきつくなるため、
そのまま食べるより食材の一つとして使う方が私は好みにあう。
これも発酵具合によって全く味わいが変わってきます。

ネームの場合、ネーム自体の味わいが濃いので、
炒飯の具とか、淡泊な味の食材と合わせると美味しいです。

スジン・ムーヨー สุจินต์หมูยอ

スジン ムーヨー 外観 チェンライ
チェンライのスジン・ムーヨーに並んだポークソーセージ
住所:425/8 Baanpa Pragarn Road., チェンライ, タイ
電話:+66-53-712- 477 営業時間:7:00 - 20:00

チェンライのバンパプラガン通りにある食料品を扱うお店。
ムーヨーが名物で、1960年の創業で50年も続いている。
緑のお椀マークと路上に掲げられた英語の紹介文が目印になります。
店頭にずらりとムーヨーが山積みにされているのですぐ目に付く。

バンパプラガン通りには大衆食堂がずらりと並んでいるので、
食事の帰りに買って帰って部屋でつまみにするのがおすすめです。


タグ : つまみ , ソーセージ , 練り物 , 蒸す , 豚肉

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン