矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

タイ

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

クイッティオ・パッ・タイ ก๋วยเตี๋ยวผัดไทย[タイ風焼きそば]

パッタイクィッティオก๋วยเตี๋ยวとは米粉から作る麺の総称。パッが炒めるという意味で、クィッティオパッタイでタイ風の焼きそば。通常、クィッティオは省略されてパッタイという通り名がおなじみ。タイ料理の代表選手として外国でもよく知られている。
タイの麺料理は中国から伝わった物が多い中、これはこれは伝統的なタイ料理で、米麺といろんな具材を炒めあわせます。
焼きめしカオパット同様いろんなお店で食べられますが、麺の扱いや調味料の配合で味に差が出ます。


パット・パック・ルアムผัดผักรวม [タイ風野菜の五目炒め]

パッパックルアミ 五目野菜炒め パット(パッ)ผัด=炒める。パックผัก=野菜。ルアムรวม=いろいろな、集める。つまりミックス野菜炒め。袋茸やアスパラガス、ヤングコーンなど、様々な食感の野菜を取り混ぜて炒めてくれます。
味つけはシンプルで辛みも少なく、味の濃いメインのおかずと共に頼むとバランスがよい。
レストランから屋台までいろんなところで食べられます。


クン・パッ・ノマーイファランกุ้งผัดหน่อไม้ฝรั่ง[海老とアスパラガスの炒め物]

クン・パッ・ノマーイファラン エビとアスパラの炒め物クンกุ้ง=エビ。パット(パッ)ผัด=炒める。ノマーイファランหน่อไม้ฝรั่ง=アスパラガス。で、エビとアスパラガスの炒め物です。
タイ語でノマーイหน่อไม้はタケノコのこと。ファランฝรั่งは西洋のという意味を持ちます。アスパラは西洋のタケノコっていうワケです。ちなみに中国語では芦筍と言いますが、芦は西洋人の髪の毛の色から来ているのだと思われます。
シーズニングソース、オイスターソースなどで味を付けたシンプルな炒め物です。


フー・チャラーム หูฉลาม [フカヒレスープ]

フカヒレスープフカヒレは、鮫のヒレの部分を使った中華の高級食材。尾ビレ、背びれの部分は主に姿煮に、手ビレ、腹ビレの部分は主にスープに使われます。
日本では宮城県気仙沼のフカヒレが有名ですが、上物はほとんどが香港などに輸出されてしまい、庶民の食卓には滅多にあがりません。 ところがバンコクの中華街(ヤワラー)では、フカヒレスープを屋台でお手軽に楽しめるのです。
フーหู=耳、チャラームฉลาม=鮫。その昔、ヒレを耳と答えた料理人がいたことからフカヒレを鮫の耳と呼ぶようになったそう。


プラーサムリー・ラート・プリック ปลาสำลีาราพริก [揚げ魚の唐辛子ソースかけ]

プラーサムリーラートプリック プラーサムリปลาสำลี=アイブリ。タイで揚げ魚を作る時の定番魚です。 ラートารา=乗せるとかかける。プリックพริก=唐辛子。揚げ魚の唐辛子ソースがけ。
写真は真っ赤っかですが、タマリンドや砂糖でバランスよく酸っぱ辛い仕上がりで見た目ほどは辛くありません。
タイの人は揚げ魚が大好きなようで、マナガツオ(プラー・チャラメットปลาจะละเม็ด)やアイブリなどを揚げた料理は割とあちこちで食べることができます。


パックブン・ファイデン ผักบุ้งไฟแดง [空芯菜の炒め物]

パックブン・ファイデン 空心菜の炒め物パックブンผักบุ้ง=空心菜(エンサイ、アサガオナ、ヨウサイ)。ファイディンไฟแดง=赤い火。調理する時に赤い炎があがるのでこの名が付いたそうだ。
空心菜は熱帯アジア原産の中国野菜で中国南部~東南アジア~インドを中心に広く栽培されている。最近は日本でも売られていますが、冬は育ちません。逆に葉菜の取れない夏のアジアで重宝された野菜。
タイ風の味つけでは調味料にタオチオを使うのが特徴。


ヤム・ウンセン ยำวุ้นเส้น yam wunsen [タイ風春雨サラダ]

ヤムウンセン 春雨サラダ「ヤム」はタイ語で和える、「ウンセン」は春雨を意味します。つまり春雨和え。タイ風春雨サラダです。
和え物メニューの場合、ヤムの後に食材がきます。「ティンカイ」(鶏の足)、「プラー・ムク」(イカ)、「ヌア」(牛肉)、「カイ・プラードゥク」(ヒレナマズの卵)、「ホーイ・クレーン」(赤貝)など。
火を通した肉や魚をナムプラーとお酢を使ってさっぱり仕上げたサラダ感覚の味つけが多く、仕上げはたっぷりパクチー
メインの食事の前やお酒の肴に最適の調理法です。


ミー・クロップ หมี่กรอบ mi krop [タイスタイル揚げそば]

ミークロップ タイスタイル揚げソバ ミーหมี่は、タイの一番細い米麺クィッティオセンミーのミー。クロップกรอบはカリカリに揚げる。センミーをカリカリに揚げたものに具が乗った麺料理。
具はもやしやエビなどパッタイの具と似ていて、スイートチリソースに酢と唐辛子を加えた甘酸っぱいたれで軽くてパリパリとした食感を楽しみながらいただきます。
中華麺バミーの揚げ麺はあんかけをかけて食べる食事ですが、こちらはスナック感覚です。


<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8