矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

タイ

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

ホーイ・マレーンプー・パッ・チャ หอยแมลงภู่ผัดฉ่า [ムール貝のバジル炒め]

パット・ホーイマレーンプー ミドリイガイの炒め物ホーイ・マレーンプーหอยแมลงภู่は和名でミドリイガイ、フランス語ではムール貝と呼ばれる貝。細長くて深緑の殻に入っていて、タイでは庶民に身近な食材の一つ。
パッ(ト)ผัดは炒める。チャฉ่าはジュージューという音いう意味を持ち、強火で一気に炒めた料理のことを表します。
フライパンにムール貝、スイートバジル、唐辛子などを入れて一気に炒め、ナムプラーで仕上げた料理です(カレーペーストを入れて仕上げる場合もあります)。


ホーイ・ナンロム・ソット หอยนางรมสด [生牡蠣]

ホーイ・ナムロン・ソット 生牡蛎タイでも食べるんですね。生牡蠣です。ホーイ・ナンロムหอยนางรมが牡蛎、ソットสดにはフレッシュ、生、グリーン、新しいなどの意味があります。この場合は勿論生ガキの生!
日本の岩ガキくらいの大ぶりの牡蛎で、マナーオ(ライム)の他、フライドオニオン、チリソースなどをつけて食べるのが面白いです。
完全に生なので当たるとコワイ。回転のよさげなきちんとしたお店で食べたいところですね。


ホーイ・クレーン・ルワック หอยแครงลวก hoi kraeng luak [茹で赤貝]

ホーイ・クレーン・ルワック 茹で赤貝タイでも貝は淡水のもの、海水のもの共に豊富で食材として一般的に使われる。純粋なタイ料理としてはケーンに入れて煮込んだり、湯がいてヤム(和える)にしますが、シンプルにパオเผา(焼く)やルアックลวก(茹でる)にした貝をたれにつけながら食べる方法も浸透しています。
ホーイ・クレーンหอยแครงは赤貝の一種。日本の赤貝より小ぶりで身が赤黒く生臭いので好みが分かれるところだが、親父の酒のつまみとして大人気の貝です。


ムー・ハン หมูหัน mu han [子豚の丸焼き]

ムーハン 子豚の丸焼きタイ語でムーหมูが豚。ハンหันは回転するとかひっくり返すという意味を持ちます。豚を丸ごと回転させながら火であぶったもの。豚の丸焼きです。タイでもお祝いごとの時に食べられます。
生後20日くらいの臭みの少ない子豚を開き、内臓などを取ってどでかいフォークの様な串に刺してスタンバイ。後はたき火の上で豪快に焼かれる。
中華料理屋だけでなく、屋台でも食べられるところがタイのすごいところ。


トム・ヤム・クン ต้มยำกุ้ง tom yam kung [エビのホットサワースープ]

トムヤムクンタイ料理を世界中に知らしめることになった代表的なメニュートムヤムクン。タイ語でトムต้มは茹でる、煮るという意味で、煮込み料理の総称する言葉。ヤムはยำ和える。クンกุ้งはエビ。つまりトムヤムは、いろいろな味が合わさったスープのことです。
トムヤムはハーブや様々な具を酸味がある辛いスープに仕上げるのが一般的ですが、唐辛子を使わずココナッツミルクで仕上げる物もあります。
酸味、辛み、ハーブの香りが一体となった味わい深いスープです。


クン・パオ กุ้งเผา kung phao [エビの炭火焼き]

クンパオ エビ焼き カワエビクンกุ้งがエビ、パオเผาが焼くという意味の動詞。素材そのものを丸ごと強火で焼く時に使われる。ちなみに同じ「焼く」を表すヤーンは切り身などをじっくり焼く時に、ピンは調理済みの団子などの表面を焼く時に使います。
つまりこれはエビを丸ごと炭火で焼いた料理です。
写真左はクン・カムクラムกุ้งก้ามกรามと呼ばれるオニテナガエビで、身がぎっしり詰まってぷりぷりで美味なる味が受けてタイ人がこよなく愛するエビの一つです。


ポピア・トート・クン ปอเปี๊ยะทอดกุ้ง [エビの揚げ春巻き]

ポピア・クン エビの揚げ春巻き ポピアปอเปี๊ยะは春巻。トートทอดは揚げる。クンกุ้งがエビ。エビの揚げ春巻きです。
ポピアという言葉は中国語の薄い皮を意味する薄餅(パオピン)から来ていて、薄餅に具を包んで焼いたものが春餅、揚げたものが春捲。タイやマレーシアなどではバオピンがなまってポピアとして定着しました。
つまり名前と料理がそのまま中国から伝わりましたが中国の春巻きよりも小ぶりで、スイートチリソースを付けて食べるのが特徴です。


クイッティオ・ルークチン・ヌア ก๋วยเตี๋ยวลูกชิ้นเนื้อ [肉とつみれ入り麺]

クイッティオ・ナーム・ルークチン・ヌアプアイクイティオは米麺の総称。センミー(細麺)、センヤイ(太麺)など太さを自分で選ぶ。
ヌアプアイは牛肉の柔らか煮。ルークチンลูกชิ้นが団子で牛肉の柔らか煮とつみれの麺です。
タイでは全国どこの町でも麺料理を出す屋台があり、麺の太さ、汁の有無、具材を指定して注文して食べます。日本の麺料理と比べて麺の量が少なめなので、小腹が空いた時の間食に食べるのにもちょうど良い、手軽な軽食の一つです。


パップリック・プラームック・プリックタイオンผัดพริกปลาหมึกพริกไทยอ่อน[イカの辛み炒め]

プラームック・パッ・プリックタイオンタイ語でパット(パッ)ผัดが炒める。パッ・プリックพริก(唐辛子)とつくと唐辛子が効いた辛み炒め。プリックチーファーと呼ばれる鮮やかな赤色の唐辛子の斜めスライスが入っている。
プラームックปลาหมึกがイカ。そして、プリックタイオンพริกไทยอ่อนが生胡椒です。つまりイカの唐辛子と生胡椒炒め。
プリックチーファーはパプリカと見まがう見た目で油断しがちですが、その辛さは徐々に口の中に広がってゆき、次第にびりびりと効いてきます。激辛とまでいきませんが、汗は止まらなくなるような、ご飯やビールが進む一品です。


トム・カー・ガイต้มข่าไก่ [鶏肉と生姜のココナッツスープ]

トムカーガイ トムต้มはタイ語で茹でる、煮るという意味で、煮込み料理の総称する言葉。カーข่าはガランガルという東南アジア一帯に野生する生姜の仲間。そして、ガイは鶏肉。つまり鶏肉と生姜がたっぷり入ったスープ。ココナッツミルクで仕上げてあります。
ガランガルは生姜ほど癖がなく、たっぷり入っていても邪魔にならない。 むしろココナッツミルクの甘みやコクをさっぱりしあげてくれる相性抜群の組み合わせのスープです。


<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8