矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

タイ

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

サラパオ・サイ・ムーサップ ซาลาเปา ไส้หมูสับ [肉まん・豚まん]

サラパオ・サイ・ムーサップ 肉まん 豚まん サラパオซาลาเปาは中華風の蒸し饅頭のこと。中国語の音訳から来た言葉です。サイไส้は入れるという意味で、お団子や饅頭の場合、具とか餡を指します。ムーサップหมูสับは豚の挽肉。要するに肉まん、豚まんです。
タイでは小腹の空いたときにサラパオを食べる人が多く見られ、夜の繁華街やバスターミナルなど人の集まるところに蒸し饅頭屋台が良く出ています。コンビニにも当然ラインナップ。
つい手軽に買い食いしてしまいますが、ちょっと日本とは違うのでご留意ください。

カオ・トム・ルークチン・ムー ข้าวต้มลูกชิ้นหมู [豚肉団子入りぞうすい]

カオ・トム・ルークチン・ムー [豚肉団子入りぞうすい] レンゲで掬ったところ カーオข้าวがご飯、トムต้มが茹でるという意味のタイ語。米やご飯をスープで煮込んだ雑炊です。米が煮崩れるまで煮込んだ日本で言うところの粥にあたる物はジョークโจ๊กといいます。
具は魚、鶏、豚などお好みの物をトッピング。写真は豚肉団子ルークチン・ムーลูกชิ้นหมู入りです。これに生姜やパクチーなどの薬味が入った状態で出てくる。 あとの味付けは麺類などと同様に、卓上に置かれた調味料で自分好みに仕上げます。
朝食の定番メニューの一つです。

ヤムジンガイ ยำจิ๊นไก่ [北部風スパイシー鶏スープ]

ヤムジンガイ [北部風スパイシー鶏スープ] ヤムยำは和える、ガイไก่が鶏肉を指すタイ語。(ジン(チン)จิ๊นの意味は調査中。)
ガランガル、レモングラス、コリアンダーシードにロングペッパーなど様々なスパイスと共に鶏肉を煮込んだスープなのですが、唐辛子がこれでもかという位に利いていて辛い!
玉葱などの野菜から出る甘さや、タイ料理の定番の酸味も利いていますが、とにかく唐辛子の強さが半端ではなく、よほど辛い物に強くないと食べきるのは至難の業です。
タイ北部の名物なのでチェンマイに行くと食べられます。辛い物が大好きな方は是非どうぞ。

カノムチン・ナムギャオ ขนมจีนน้ำเงี้ยว [北タイ風トマト入り汁素麺]

カノムチン・ナムギャオ タイ風素麺トマトスープ味カノムチンขนมจีนは米でできた生麺のことで、水で溶いた米粉を筒に入れてところてんの様ににゅ~っとお湯の中に突き出しながら作ります。ベトナムのブンと似た感じ。
ナムギャオน้ำเงี้ยวは北部タイでは定番のカノムチンの食べ方で、タオチオ、生姜、ニンニク、トマトなどが入ったしょっぱ辛く濃いめの味つけのスープをかけ、付け合わせの生野菜をたっぷりと混ぜながら食べます。
野菜がたっぷり食べられる嬉しい軽食です。

プー・パッ・ポン・カリー ปูผัดผงกระหรี่ [蟹のカレー炒め]

ソンブーンのプーパッポンカリータイ在住邦人や日本人観光客に大人気のこの料理。プーปู=蟹。パッ(ト)ผัด=炒める。ポンผง=粉。カリーกะหรี่=カレー。直訳は蟹のカレー粉炒め。店によって使う蟹の種類は異なりますが、バンコクの有名店ソンブーンでは渡り蟹を使っています。
ぶつ切りにした蟹をピリ辛の唐辛子味噌と共に炒め、ココナッツミルク、卵でふわふわに仕上げた、ぴりっとした辛みと蟹のうまみがとけあう、たまらないおかずです。
カニをそのまま食べるのも美味しいけど、ご飯にぶっかけて食べたくなりますよ。

バミーヨック・クロップ・ラートナー・ムーบะหมี่หยกกรอบราดหน้าหมู[餡かけ焼きそば]

バミーキアオ・クロップ・ラートナー・ムータイの麺は米でできたクイッティオと小麦でできたバミーがあります。卵を練り込んだ中華麺に加え、パンダナスの葉を練り込んだ翡翠麺バミーヨックบะหมี่หยก(バミーบะหมี่キアオเขียว:緑のバミー)も一般的。
クロップกรอบはカリカリに揚げる。ラートナーราดหน้า=あんかけ。ムーหมู=豚で、揚げた翡翠麺に豚肉餡をかけた料理です。
タイの人はあんかけが大好きで、汁麺を扱わない店も多いほど。幅広米麺センヤイやバミーにかけるのが一般的です。

クン・トート・ソッ・マカーム กุ้งทอดซอสมะขาม [エビフライのタマリンドソース]

クン・トート・ソッ・マカーム・ピアッ エビフライのタマリンドソースタイの人はエビ喰い。エビ好きの日本人にもタイ旅行は食の楽しみが止まりません。
フライ(トートทอด)で食べるだけでも美味しいクンกุ้ง(エビ)をタマリンドソースで。ソットซอสがソース。マカームมะขามがタマリンドを表すタイ語です。タマリンドの実を莢ごと煮出して作った調味料ナム・マカームが決め手の甘酸っぱくて爽やかなソースがかかったエビフライ。
エビは揚げずに炒める場合もありますが、衣にソースがしみ込むので揚げた方が美味しい。カロリー高いけど(笑)


パット・カナー・ナムマンホーイ ผัดคะน้าน้ำมันหอย [カイランのオイスターソース炒め]

パッ・カナー・ナムマンホーイ カイラン菜のオイスターソース炒め パッ(ト)ผัดが炒める、カナーคะน้าがカイラン菜、ナムマムホーイน้ำมันหอยがオイスターソースを指すタイ語。
カイラン菜は中国原産のアブラナ科の野菜で中国南部から東南アジアに向けて広く食べられている野菜の一つ。茎や葉っぱ、蕾を食します。
そのカイラン菜を満願寺唐辛子のような辛くないチリ、マッシュルームと一緒にさっと炒め、オイスターソースで味付けしたもので、タイ全土でポピュラーなおかず。
唐辛子が辛くないので、日本人でも食べやすい一品。

ケーン・キアオ・ワーンแกงเขียวหวาน [グリーンカレー]

グリーンカレー ケーン・キアオ・ワーン ケーン(ゲーン)はタイのハーブやスパイスを使ったスープ煮込み。スパイスやハーブを使い、クルアン・ケーンと呼ばれるカレーペーストを作り、これをベースにした汁物です。
ケーンแกง・キアオเขียว(緑)・ワーンหวาน(甘い)は、緑色の唐辛子で辛みと色味が付けられ、ココナッツミルクの甘さとまろやかさが加わった外国人にも食べやすい料理。
ココナッツミルクの独特の味わいさえクリアすれば、その味わいがやみつきになります。


ガイ・ヤーンไก่ย่าง [鶏の炭火焼き]

ガイヤーン タイ風焼き鳥 タイ語で「ガイไก่」は鶏、「ヤーンย่าง」は大きめの食材をじっくり焼くことを言います。鶏の炭火焼き、つまり焼き鳥です。
日本の焼き鳥のたれ焼きに近く、香辛料、砂糖、ナムプラーなどが入った甘辛いたれを付けて炭火で焼きます。
元々はタイ東北地方(イサーン)の料理ですが、今やタイ国内全国で食べられない場所はない。屋台でもレストランでも定番メニューの一つで、シーフード料理店のメニューにもあるほどです。
炭火で焦げる醤油のかぐわしい香りにそそられます♪


<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8