矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

タイ

1  2  3  4  5  6  7  8

カノムパン・ピン・サンカヤー ขนมปังปิ้งสังขยา [ココナッツカスタードトースト]

ココナッツカスタードトースト カノムパンขนมปัง=パン。カノムパンピンขนมปังปิ้งでトースト。サンカヤーสังขยาというのがココナッツミルクのカスタードクリームです。パンダンを入れた緑色のサンカヤーバイトゥーイสังขยาใบเตยも一般的(緑色のクリームは日本人には抵抗が・・・)。
屋台でこれを食べさせてくれる店もありますが、セブンイレブンやスーパーのパンコーナーに行くとパン種の中にこのクリームが入ったパンがすぐに見つかります。
焼きたて熱々を食べたい時は屋台やミルクスタンドにGo!


カー・ムー ขาหมู kha mu [豚足の煮込み]

カー・ムー 豚足煮込みムーหมู(豚)の足(カー)ขาというその名前ズバリ。豚足です。
庶民の味方、中華系屋台で定番の豚足煮込みは、シーズニングソース(タイのどろっとした甘い醤油)、八角などの香辛料などでとろ~りととろけるまでじっくり煮込んであります。
写真は豚足煮込みですが、カオ(ご飯)・カー・ムーとして、ぶつ切りにした豚足をご飯に乗っけて貰うのが屋台の定番。
安くて、豪快で、ほっぺたがとろけそうに美味しいB級グルメの王道メニューです。


プラー・パオクルア ปลาเผาเกลือ [魚の塩焼き]

プラーチョン・パオクルア 雷魚の塩焼き? プラーปลาが魚、パオเผาが焼く、クルアเกลือが塩という意味のタイ語。 魚の身にこれでもか!というくらいに塩をすり込んでから焼いた魚の塩焼きです。
写真の魚は恐らく雷魚でプラーチョンと言います。川魚独特の臭みを消すためにレモングラスを雷魚の口から突っ込んであるのが印象的。
身はふっくらと肉厚で食べ応えがあり、スズキでも食べているかのようなお味です。 魚料理には添えられた2種類のチリソースをつけながら召し上がれ。

プラーチョン・トーッ・ヤム・タクライ ปลาช่อนทอดยำตะไคร้ [揚げ雷魚のレモングラスソース]

プラチューン・トーッ・ヤム・タクライ  [揚げ雷魚のレモングラスソース] プラーチョンปลาช่อนが雷魚、トーッ(ト)ทอดが揚げる、ヤムยำが和える、タクライตะไคร้がレモングラスという意味のタイ語。雷魚をカラリと唐揚げにして、小口切りにしたレモングラスをミント、玉葱、パクチーなどと共に甘酸っぱく和えたものをたっぷりかけてあります。揚げ物特有のこってりした味をハーブがさっぱりと食べさせてくれて美味しい。
雷魚は身が厚くふんわりした白身魚で食べやすく、味付け如何でがらりと雰囲気を変えますが、熱い時期だったのでハーブのさっぱり感は当たり!でした。

カポップラー・ナムデーン กระเพาะปลาน้ำแดง [魚の浮き袋のあんかけスープ]

カポップラーナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープ カポップラーกระเพาะปลาは魚の浮き袋。ナムน้ำが水やリキッド状のもの、デーンแดงが赤という意味のタイ語。魚の浮き袋を乾燥させた物(or揚げたもの)を水で戻し、様々な具材と共にあんかけスープにした料理。醤油をベースにしているため赤っぽい色になります。ナムデーンを省略して単にカポプラーと呼ばれることも多い。
屋台などの手軽なお店で提供されていることが多く、魚の浮き袋と気づかずに食べている可能性があります。浮き袋は揚げてあるため、中華揚げパンの油条と勘違いするかも。

カノム・グイチャイ ขนมกุ้ยช่าย [タイ風韮饅頭]

タイ風韮饅頭 カノム・グイチャイのポークソーセージ添え カノムขนมはお菓子、グイチャイกุ้ยช่ายは韮という意味のタイ語。韮が入ったおやつといったニュアンスでしょうか。韮饅頭です。
小麦粉、米粉、片栗粉、タピオカ粉などを配合して作った生地に細かく刻んだにらがたっぷり入った餡を包んで蒸し上げます。
中身はぎっしりと韮な上、蒸してあるので、非常にさっぱりとしており、食欲がなくてもつるんと食べられます。甘辛い醤油やスイートチリソースなど甘くて辛くて酸っぱいタイの味付けでどうぞ。

ガイ・パッ・キン ไก่ผัดขิง [鶏肉と生姜の炒め物]

ガイパッキン 鶏肉と生姜の炒め物アップ ガイไก่が鶏肉、パッ(ト)ผัดが炒める、キンขิงが生姜という意味のタイ語。パッキンガイと順番を入れ替えて呼ぶこともある。
生姜をたっぷり入れて鶏肉と一緒に炒めた料理で、生姜の辛味と鶏肉のうまみと油分が好対照で食欲をそそります。合わせるのは絶対に鶏のもも肉!
タイでは驚くほどスリムな人が沢山いますが、唐辛子や生姜などデトックス効果の高い食材をふんだんに使った料理が多く、この食生活を見ていれば言わずもがなといったところ。
味付けはうっすらとナムプラーだけ。女性には是非食べてもらいたい一品です。

ムー・ヨー หมูยอ moo yo [ポークソーセージ]

ムー・ヨー ポークソーセージ 切ったところ ムーヨーหมูยอはバナナの葉っぱで包んで蒸して作るベトナム風の蒸しソーセージです。ムーが豚なので豚が原材料のポークソーセージ。
日本で売っているポークソーセージに食感も味も近く、そのままスライスして食べても美味しいですが、野菜と和えてサラダ(ヤム・ヨー)にしたり、ご飯と一緒に炒めてカオパット・ムーヨーにしたり、食材として料理に使います。
蒸してあるので脂は抜けていて非常に蛋白なのでさっぱりした味が食べたいときにどうぞ。

カオ・パット ข้าวผัด khao phat [タイ風焼き飯]

カオパット手軽に食べれて失敗がないため、タイを旅行する者は必ず1回は注文してしまうのがこれ。タイ風焼きめしがカオパット。カオข้าวがご飯、パットผัดが炒めるという意味です。
肉や野菜と冷や飯を炒めるまではチャーハンと作り方が同じですが、味付けのベースのナムプラーやパクチーが入ることで「タイ料理です!」と主張し始める。
粘りが強いジャポニカ米に比べ、香りが高く水分が少ないタイ米は、素人でも割とパラパラッとした仕上がりにできるので自宅で手軽に作れます。
料理名も簡単に憶えられるので、メニューの読めない大衆食堂などで、とりあえず頼んじゃうってのもありです。

ホーモック・プラー ห่อหมกปลา [魚のすり身の包み蒸し]

ホーモック・プラー 魚のすり身の蒸し物 ホーห่อが包む、モックหมกが覆う、プラーปลา魚という意味のタイ語。 魚のすり身や野菜をココナッツミルク、唐辛子、ニンニクなどの香辛料で味付けしたものを器に流し込み、蒸し器で蒸した料理。白身魚のすり身を使ったものが一般的で、味付けはレッドカレーに近い。
写真のホーマックはバナナの皮で作った器にキャベツをひいて生地を流し込んであり、ふわふわでピリ辛の魚のすり身にキャベツの甘みが箸休め的な役割でほどよく絡んで美味しかった。ココナッツミルクでマイルドになるとは言えそれなりに辛いので、辛いのが苦手な方はご留意を。

1  2  3  4  5  6  7  8