矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

台湾

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

糯肉焼麦 nuò ​ròu​ shāo​ mài​ [豚と糯米のシュウマイ]

糯肉焼麦  糯米シュウマイ 糯nuoは糯米、肉rouは豚肉のこと。焼麦は日本のシューマイに近い物で、小麦の粉を使って包んだ物を焼いたり蒸したりする料理を総称です。 煮込んだ豚肉と糯米を混ぜたものを小麦粉で作った薄い皮で包んで蒸した料理で、 粽を包む竹の皮の代りにシューマイの皮で代用したような、中国版のおこわおにぎりを食べているような感覚の料理です。
糯米がずっしりと腹に溜まるため、一人で一蒸籠は無理がある。 人数が集まった時におかずと一緒に頼みたい料理です。

小籠包 xiao long bao [ショーロンポー]

小籠包 xiao long bao [ショーロンポー] その名が示すとおり小さな蒸籠で蒸す包子。薄い皮の中にスープがほとばしる肉餡が包み込まれているため、小籠”湯”包と呼ぶこともあります。
上海小吃の代表格で、台湾では上海料理店や専門の軽食店で食べられますが、 本場上海よりも台湾の方が日本人好みの味つけ。 上海の店は砂糖が多く甘めなことが多い。
スープをこぼさず、舌を火傷しないように気を付けながら蒸したての熱々をほふほふとほおばる。 ああ、涙がでるほどうまい。

炸丁香魚 zhá​ dīng​xiāng​ yú​ [キビナゴの中華風唐揚げ]

炸丁香魚 キビナゴの唐揚げ 炸zhaは油で揚げた調理法、丁香魚dingxiangyuはキビナゴを指す中国語。 塩で下味を付けたキビナゴに粉で薄衣をし、ジャーーっと油で揚げたものです。
唐辛子、ニンニク、葱、ピーナッツも素揚げし、キビナゴと共に軽く炒め混ぜて皿に盛ってできあがり。各食材の異なる食感と香ばしさが口の中にはじけ飛び、そのバランスが絶妙です!
逆にシンプルに唐揚げで食べるより断然うまいです。
酒のつまみだけじゃなく、子供も大喜びで食べますよ。絶対。

鮮筍醤炒肉 xiān​ sǔn​ jiàng​ chǎo​ ròu​ [筍と豚肉の炒め物]

鮮筍醤炒肉 筍と豚肉の炒め物 あっぷ 新鮮xianな筍sunを肉、葱と醤油味に炒めた料理。 使われている筍は、緑竹筍というえぐみが少なく、生のままかじることもできる種類のもの。 この筍を拍子木切りにし、葱、豚肉の細切りとともにさっと強火でさーーっと炒めて味を絡めてあります。
茹で筍のように水っぽくなく、シャクシャクの歯ごたえの筍と豚肉の脂、葱の香りのバランスが絶妙!「え~!筍ってこんなに美味しいの!」とびっくりした。見た目で美味しさを伝えられないのが残念でなりません。うますぎます

担仔麺 dān​ zǐ​ miàn​ [エビだし肉味噌麺]

担仔麺 担仔麺は台湾の南西にある台南発祥の麺です。 茹でた中華麺の上に肉みそ、茹で海老などをトッピングしスープをかけたシンプルな麺。 「担」という字は読んで字の如くで、天秤棒を担いで売り歩いたから。 中国大陸の担々麺と由来は似ています。
エビだしのスープがサッパリとしながらもコクがあり、味わい深い。日本のラーメンスープのような 脂の多いこってり味に慣れた人には薄味に感じるかも。
見た目はシンプルですが、味わいはずっと高級感あります。

酸梅湯 suān ​méi​ tāng​ [梅ジュース]

酸梅湯 サンメイタン 梅ジュース 酸梅suan​mei​は梅のピクルス。中国の梅干しの様な物。湯tangはスープやお湯を指します。 烏梅と呼ばれる梅の薫製とサンザシ、ハイビスカス、陳皮、甘草などの漢方材料を煮出して作った漢方ハーブティーの様な物で、甘酸っぱく、滋養強壮効果に優れています。
ところが暑い台湾。これをそのまま飲むのではなく砂糖をたっぷり入れてキンキンに冷やした ものが淡水名物として大ヒット。炎天下に歩き回った後に飲めばそりゃーうまいだろうけど、 さ、砂糖入れすぎじゃない?

蚵仔煎 hé​ zǐ ​jiān​ [牡蠣の台湾風オムレツ]

蚵仔煎 牡蠣のオムレツ 蚵仔が牡蠣、煎は油を引いた鉄板で焼く調理法のこと。 牡蠣を具に入れたオムレツのことで夜市など至る所で目にする台湾の代表的な料理です。
牡蠣、もやし、韮などを炒めたものをさつまいもの澱粉と卵でとじた独特のオムレツで、お好み焼きのような見た目。ちょっと甘めのチリソースがかかっています。
さつまいも澱粉がでろりとした様はなんとも独特ですが、 腹持ちもよく、ソースも無難なので日本人の口にも合います。

蚵捲 hé​ juǎn​ [牡蠣巻]

蚵捲 牡蠣巻 蚵é​は牡蠣を指す中国語。牡蠣を豚挽肉、白韮、葱、芹菜、魚醤で作った餡と共に豚の網脂で包んで油でカラリと揚げたフライもの。餡を包むのにアミ脂を使っているので衣が分厚くならず、 さっくりと軽い歯ごたえ。野菜や豚のお陰で牡蠣の生臭さもないため牡蠣が苦手な人でも美味しく食べられると思う。
子供たちがおやつ代わりに食べたりするようですが、ビールがあったら絶対に追加注文したくなる味。つまみにぴったりです。

涼麺 liáng​ miàn​ [台湾風冷やし中華]

涼麺 台湾風冷やし中華 涼liángは冷たい、麺 miànは麺。ヌードルのこと。(台湾の表記は麵。) 茹でた中華麺にごまだれやごま風味スープをかけた冷たい麺で、 トッピングはキュウリだけと実にシンプル。シンプル故にたれが決め手。
写真の涼麺は、ニンニク、しょう油を加えながら作ったごまペーストに、桂香、サンショウ、シナモン、ソウカなどのスパイスが入っているため、舌触りがざらりとしています。 ほんのり甘酸っぱい仕上げの特製たれが麺の甘味を引き立て、箸を止めさせない。
シンプルなだけにごまかしのきかない料理です。

檸檬愛玉冰 níng ​méng ài​​ yù​ bīng​ [檸檬ゼリー茶]

檸檬愛玉冰 檸檬ゼリー茶 愛玉子はクワ科イチジク属のつる性植物。台湾の新高山山麓に密生しており原住民が常食にしていたもの。この果実状の種子をゼリー状に加工したお菓子を愛玉冰といいます。
この愛玉自体は味がなく、檸檬のシロップに付けて檸檬愛玉子にしてあることが一般的。 味の決め手はシロップです。
ちなみにこのお店はお茶+愛玉子という組合わせ。太いストローで吸い込むと、ずぶずぶという音を立ててゼリーが口に流れ込みます。お茶と檸檬の香りがさわやかで意外とうまい。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10