矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

台湾

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

炒豚腰 chǎo tún yāo [豚腎臓の炒め物]

炒豚腰 豚の腎臓の炒め物 炒chaoは炒める、豚腰tun yaoは豚の腎臓のこと。 豚の腎臓をスナップえんどう、2色のピーマンというカラフルな野菜と共に炒めた物で、 臭み消しにニンニク、葱、たっぷりのスライス生姜を使っています。
生姜は新鮮な生生姜を使っているため鮮烈な辛さがあり、 ぶるんとしながらも歯切れの良い腎臓の食感と甘味が際だちます。
ぼそっとしがちなレバーと違いとても食べやすく、しかもビタミン、鉄分も豊富で 女性には嬉しい食材ですね。おいしい!

炒漫波魚chǎo màn bō yú [マンボウの炒め物]

漫波魚 マンボウの炒め物のマンボウをつまんだところ 炒chaoは炒める、漫波魚manboyuはマンボウのこと。中国語ではマンボウを翻車魚fan che yuというため、漫波という呼び名は外来語の音(つまり日本語?)をそのまま当てはめた物と推察します。
マンボウの身はゼラチン質が多く、ぷるんとしています。そのマンボウの身をニンニク、玉葱などと共に甘辛く炒めた物で、胡椒がピリッと味を引き締める。
弾力のある身の食感が口の中で面白く、ああ、このむちむち感が台湾人の心を 虜にするのねぇとしみじみした味です。

扁食 biǎn shí [ワンタン]

扁食 ワンタン アップ 扁食bian shiは別名:扁肉。閩南語で平たく伸ばした生地に肉を包んで食べるもの。 ワンタンのことをいいます。
丁寧にとったクリアなスープにセロリの清々しい香りと揚げニンニクの香ばしい香りをプラス。さらにこれに醤油、酢、ラー油、胡椒を使ってお好みの味に調味します。
薄くてもちもちしたワンタンと豚肉のうまみと適度に混ざった脂の甘味が口の中に広がって幸せな気持ちになる。スープも水みたいに飲み干せるし。あー、お代わりしたい。

當歸羊肉湯 dàng guī yáng ròu tāng [羊肉入り薬膳スープ]

當歸羊肉湯 当帰羊肉湯 羊の薬膳スープ 冬粉 當歸dang guiはトウキ(当帰)という名前の漢方薬剤で、体を温めたり、貧血などの効果があり、 特に血液疾患や鎮痛の役割をします。羊肉湯yang rou tangは羊肉いりスープ。 羊肉も東洋医学では陽の食材。体を温める食べ物と言われます。
つまり当帰と羊肉を使ったスープは体の冷えや血の巡りの悪さに悩む人たちに最強の組み合わせ。 透明感のあるスープは全く癖もなくサッパリしていて、思わず塩を足したくなるくらい。
寒くなる冬には特に人気の料理です。女性だけでなく男性客も多いのがすごい。

葱多餅 cōng duō bǐng [たっぷり葱の揚げパン]

葱多餅 葱たっぷり揚げパン 葱多cong duoはそのまんま、葱がたっぷり。餅bingは中国語では「もち」のことではなく、小麦粉を使って作ったパンを指します。
正式名称は三星葱多餅。宜蘭県のブランド葱三星葱を小口切りにし、小麦粉の皮で包み込んであげた揚げパンで、まあるくカワイイ形をしています。
たっぷりの葱とうまみ付けに豚挽肉のそぼろがほんの少しだけ入っていて、薄くてカリカリのパン生地は葱を包むだけに使われていて揚げてあるのにちっともしつこくない。
「自慢の三星葱をたっぷり召し上がれ~」という宜蘭の人の心意気を感じます。

葱油派/宜蘭葱餅 cōng yóu pài [宜蘭風葱入りパイ]

葱油派 葱パイ 中身 葱油派cong you paiは葱がはいったパイを油で焼いた物。一般的には油餅you bingという言い方もします。派というのは「パイ」という英語の音をそのまま中国語に当てた当て字です。
一般的な葱油餅は葱を練り込んだ生地を大きく平べったく焼いた物ですが、こちらは薄く伸ばした小麦粉生地に葱を包んで棒状にした後、渦巻き状にまいてからつぶして薄く伸ばします。その為パイのように層状になるのです。
油で香ばしく焼いたサクサクした食感と葱の香りがよい。2.3個くらいぺろりといけちゃう。

龍蝦嗲 lóng xiā diē [エビのお好み揚げ]

龍蝦爹 エビのお好み揚げ 龍蝦long xiaは伊勢エビ、爹dieはお父さんを指す中国語。ですが、これ間違っても伊勢エビなど使っておりません。実は爹の前に口偏がつくのが正しい料理名で龍蝦嗲というものです。
(外来語をそのまま表現する時口偏を付けるので、この料理は恐らくdieという音がある外来語。) 元々台湾西部の牡蠣の養殖が盛んな地域で牡蠣を具に作られるもので(蚵嗲)、刻んだ野菜の上に牡蠣と肉を乗せて小麦粉と卵で作ったどろりとした生地をまとわせて揚げます。 大阪焼きの揚げたバージョンって感じです。塩胡椒、唐辛子粉で戴きます。

焼番薯 shāo fān shǔ [焼き芋]

焼番薯 焼き芋 焼shaoは焼く、番薯fanshuはさつまいものこと。(さつまいもは地瓜ともいいます。) 日本でもおなじみの焼き芋です。台湾でも冬になると焼き芋を引く屋台が現れます。 台湾=南国と言う思いこみがある日本人は多いですが、台湾も冬は10度を下回ることだってあるのです。ほくほく焼き芋を欲する気持ちは日本人と同じなのである。
戴いた芋は日本で言う「蜜芋」の類です。釜の中でじっくりと火が通った芋からは 甘い蜜がたっぷりでていて、温かいの、甘いので、まさにほくほくと幸せな気持ちになります。

QQ蛋 qq dàn [ひとくちさつま芋餅]

QQ蛋 球形たまご餅 QQとはもちもちとしたという意味で使われる台湾の造語。蛋danは卵のことで、卵のような色、形のころんと丸いお餅。さつまいもを材料にしていて、餅米の粉、さつまいも澱粉、砂糖を混ぜて生地を作り、一口大の大きさにした後、油の入った鍋でま~るく整形しながらころりと揚げます。
砂糖の使用料も少なく、素朴な甘さで、ぽこぽこ口の中に放り込んでしまう。 台湾の夜市ではわりと定番のおやつです。中高生くらいの子たちの食べ歩きの定番みたいです。

温泉水菜 wēn quán shuǐ cài [温泉水で育てた水菜のさっぱり炒め]

温泉水菜 温泉水で育てた水菜の炒め物 アップ 温泉wen quanは温泉、水菜shui caiは水菜(京菜)。温泉水を使って育てた水菜を千切り生姜と共にさっと炒めた物。干しエビのうまみと唐辛子のピリリとした味をきかせ、仕上げは五香粉で味をつけてありました。
水菜も生姜もギリギリに火が通してありシャキシャキ感が残り、炒めてあるはずなのに油の気配を感じない。生姜効果か口の中にほどよい辛味と清涼感が残り、こってりした肉のおかずとご飯と共に食べたら抜群の相性になること請け合いです。これは今度、家でもやろう。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10