矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

台湾

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

蒜泥白肉 suàn ní bái ròu [茹で豚バラ肉のにんにくソース]

蒜泥白肉 ゆで豚バラ肉の大蒜ソース ソースに肉をつけるところ 蒜suanはニンニク、泥niはどろりとした状態、つまりすり下ろされたニンニク、白肉bai rouは 肉の白い脂身の多い部分、つまりバラ肉を指します。茹で豚バラ肉のにんにくソースです。
ショウガと酒、米のとぎ汁などでゆで汁をつくり茹でたものを厚めにスライスして一口大にしたもの。 豚の脂身が適度に落ち、脂の甘みと肉のうまみをシンプルに味わうことができます。
豚ってやっぱり脂のうまさを食べるものだよなぁとしみじみする中華の家庭料理です。

炒麻油羊肝 chǎo má yóu yáng gān [山羊の肝のごま油炒め]

炒麻油羊肝 羊の肝のごま油炒め 炒chaoは炒める、麻油ma youはごま油。そして羊肝yang ganは羊の肝臓。レバーです。 スライスした羊のレバーを干した生姜と共にごま油でさっと炒めたもので、味つけは醤油味です。
天日干しした生姜は生の時のツンとする辛さが抜けているうえに、水分が抜けて少し固くなった食感が柔らかめのレバーと一緒に食べると絶妙に合う感じがする。
味つけを濃くしがちな肝料理ですが、レバーってこんな食べ方で美味しく食べれるんだ~ととても感心した一品です。美味しい。

涼拌羊肚 liáng bàn yáng dù [山羊の胃袋の和え物]

涼拌羊肚 羊の胃袋の和え物 涼拌liang banは冷菜のこと。肚duは腹のことで、羊の腹の部分。この場合は胃袋のことです。
羊の胃袋などの内臓を茹でた物をキュウリと一緒に酢、唐辛子、針生姜、砂糖、醤油で調味した物。内臓のシコシコとした食感とキュウリのみずみずしさが甘酸っぱい味つけにマッチする。
日本でもイカとキュウリを三杯酢で食べたりしますが、イカよりもっと弾力があると思って頂ければ。
臭みも全くなくて、内臓とは思えないくらい食べやすい珍味です。

韮菜盒 jiǔ cài hé [ニラ玉パイ]

韮菜盒 韮パイの断面 韮菜jiu caiはにら、盒heは小さな容器のことを指します。 ニラ、炒り卵、春雨、豆腐を小麦粉で作った生地で包んで焼いたり揚げたりしたもの。 小麦粉で包んだ生地を盒というわけです。(盒子ともいいます。)
料理名に「韮」と付く割りに韮の割合は少なめで、春雨や豆腐で割とサッパリとした味わい。 揚げものではありますが、中身の具はカロリーは低めな上にで腹持ちがよい。 栄養満点の美味しい軽食です。朝食の定番メニューですよ。

米苔目 mǐ tái mù [台湾風うどん]

米苔目 ビータイバッ 台湾風うどん 米苔目は米篩目とも書きます。中国福建省、台湾等でポピュラーな麺料理です。閩南語(台湾語の原型)ではビータイバッといいます。水で溶いた米粉とさつまいも粉を混ぜて、「米苔」と呼ばれる竹製品でこねてその穴からところてんのように押し出した付き麺です。
写真の汁麺はカツオだしに葱と鰹節を盛りつけた物。酢やラー油でお好みに調味します。
柔らかくコシはないのですが、適度にもちもち感があります。台湾人はこれが大好きみたい。 行列のお店、多いですよ。

涼拌海蜇皮 iáng bàn hǎi zhē pí [クラゲの和え物]

涼拌海蜇皮 クラゲの和え物 涼拌liang banは冷菜のこと。海蜇hai zheはクラゲで、中華冷菜の定番クラゲを使った和え物です。 日本の中華料理店でよく出てくるクラゲの冷菜はお酢をきかせごま油で和えたクラゲの皮が当たり前なのですが、中華文化圏ではクラゲの頭なども食べるため、海蜇頭、海蜇皮と区別されます。
写真はクラゲの皮(傘の部分)をひも状に細長く切った物をニンニク醤油味で和えた物。 酢の酸味が嫌いな人はこの味好きかも。しかし、海の虫とは気の毒に・・・(笑)

涼拌金針花 liáng bàn jīn zhēn huā [金針菜の和え物]

涼拌金針花 金針菜の和え物 涼拌liang banは冷菜のこと。金針花jing zhen huaというのはカンゾウ(萱草)のことで、金針菜とも呼ばれます。このカンゾウの花のつぼみを茹でてニンニク醤油で和えた物で、花弁の食感がシャクシャクとしていて面白い。
見た目が黄色くて鮮やかなため食卓に彩りも添えますし、タンパク質や鉄分が豊富で貧血にきくので、女性の健康にもとてもありがたいのだ。そして当然ですが、美味しいです。
日本では中国、台湾から乾燥した物が輸入されていますが、台湾だと生の金針菜が食べられます!でも生の方が歯触りが良いし、見た目が美しいです。

羊肉火鍋/羊肉爐 yáng ròu huǒ guō/yang rou lú [羊(山羊)鍋]

岡山羊肉火鍋 羊鍋 羊肉yang rouは羊肉、火鍋huo guoは鍋料理のこと。爐luは「炉」。炉で火にかける料理=鍋です。ぶつ切りにした羊の皮付肉や骨付肉を薬膳スープで煮込んだ後、野菜、豆腐、湯葉などを入れて食べます。
スープに入る漢方材料の種類は店によってまちまちですが、香りが柔らかで薬膳臭さがほとんどないのがびっくり。全て飲み干せるくらいの絶妙の味加減。肉はお好みでミソダレを付けるのがオツで「羊ってこんなに美味しかったっけ?!」と今までの羊の記憶を覆しました。 もう日本で羊は食べれない。うますぎ!!

池上便當 chí shàng biàn dāng [池上駅の駅弁]

池上便當 池上弁当 駅弁 便當bian dangはお弁当のこと。池上は台湾東南部の台東県の米所として有名な場所です。
プラットホームに売りに来る駅弁が有名で、もちもちのご飯の上に青菜、つぼ漬け、ト肉、鶏モモ、ゆで卵などの具がバランス良く乗っかっています。
台湾の弁当は全体に味が濃く、豚肉のタレ焼きなどが乗っかっている物が多いのですが、こちらは見た目と異なり味つけは非常に控えめで食べやすい。それに米がうまい。
プラットホームで買ってもよし、途中下車して食べても良し。旅情を豊かにするのはやっぱり弁当よね~。

四神湯 sì shén tāng [薬膳スープ]

四神湯 台湾風薬膳スープ 四神湯si shen tangは、ヤマイモ、茯苓、蓮の実、けん実の4つの漢方食材を煮込んだ薬膳スープのこと。この4つの生薬を四臣子と呼び、点じて同音の四神になったようです。
薬膳というとそれなりに高級なお店で味わう物と考えてしまいますが、こちらは夜市や 軽食店の定番の薬膳スープで、皆さん粽などの軽食に添えて頂いておられます。
このお店の四神湯は鳩麦と豚の腸、ニンニクが入っているのですが、味つけは重湯と間違うほど薄い。ほんのり米の麹の香りがするサッパリした料理でした。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10