矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

台湾

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

黄薑豆腐 huáng jiāng dòu fǔ [生姜と厚揚げの煮物]

黄薑豆腐  [生姜と厚揚げの煮物] 黄薑(黄姜)huan jianは生姜のこと。黄姜豆腐は客家人の独特な作り方で作られるもので、豆を煮出して豆乳から豆腐を作った後に生姜の入った水で煮て作るものだそう。
外側は黄色く堅め、中は白くて柔らかな食感の豆腐となるので、それを炒めたり、煮たりして食べます。
厚揚げを砂糖と醤油で煮た物にニンニク、生姜を効かせたような感じです。 日本のお袋の味にも近く、日本人にはなじみやすい味付け。

花枝[火庚] /花枝羹 huā zhī gēng [スルメイカのとろみスープ]

花枝[火庚] /花枝羹  [スルメイカのとろみスープ] 花枝huazhiはスルメイカ、[火庚]もしくは羹はとろみがついたスープのこと。するめに魚のすり身をつけたたものに魚だしのスープに入れて煮込んだとろみのあるスープで、お好みで酢などをかけて調味しながら食べます。
魚のうまみがたっぷりと溶け出したスープが胃にじんわりとしみこみ、空腹の際に食べるとすべてが体に吸収されていく感じです。麺を入れたり、ご飯物を別に頼んだりして頂きます。

碗粿 wǎn huà [お椀入り米粉蒸し]

碗粿  [お椀入り米粉蒸し] 碗粿(台湾語ではワンクイ)は、米粉を豚などの具とともに混ぜたものをお椀に入れて蒸した蒸し料理で、いわばお米のプリンのようなものです。
写真は、豚肉、椎茸、タケノコ、ニンニクが混ぜられており、全体に米の分量が多いため、米を食べるための味付けに具を少し加えたような感じです。
台湾では台南地方で特によく食べられている軽食で、甘いものとしょっぱいものがあります。小腹がすいたときの軽食にどうぞ。

筒仔米糕 tǒng zǐ mǐ gāo [竹筒おこわ]

筒仔米糕  [竹筒おこわ] 筒仔tongziは筒。米糕migaoはおこわのこと。豚肉、干しエビ、お米などの具を炒め、醤油ベースに味付けしたものを器に入れて蒸して作る料理で、本来は竹筒を使いますが、写真のおこわはステンレスカップでした。
蒸し上がった後、皿の上にひっくり返して甜辣醤と呼ばれる赤くて甘いソースをかけて食べます。
豚の脂と海老のコクがしっかり着いた醤油味のおこわなので日本人なら誰でも大好き。 ただし、上のソースはなくてもいいと思う人多いはず。

福州乾拌麺 fú zhōu qián bàn miàn [福州風汁なし和え麺]

福州乾拌麺  [福州風汁なし和え麺] 福州は中国大陸の福建省にある都市。麺料理に乾qianが付くと汁麺ではなく、タレをかけて和えながら食べる和え麺のことを指します。
この麺は福州式の和え麺のことで、冷や麦くらいの太さの真っ白くまっすぐな小麦麺に ネギ油をほんの少し絡め、ネギを散らした状態ででてきます。
これにお酢、ラー油、醤油などの調味料で自分好みの味付けに仕上げて食べるのです。 東南アジアの麺類によくある食べ方に似ていますね。

番茄牛肉麺 fān qié niú ròu miàn [トマト牛肉麺]

番茄牛肉麺  [トマト牛肉麺] 番茄fanqieはトマトという意味の漢字です。牛肉麺は台湾を代表する麺料理の一つですが、その牛肉麺のスープにトマトが加えられたもの。
牛骨を煮込んでとったスープに塩を加えたスープにトマトが入ることでさわやかな酸味が付け加えられ、その絶妙なバランスが中華の域をはずれず、ほどよく西洋チックな味を楽しめます。
さっぱりとした後味とほどよい酸味が後を引いて侮れない味です。

滷肉飯/魯肉飯 lǔ ròu fàn [豚バラそぼろご飯]

魯肉飯 豚バラの煮込みのせご飯 滷luは直訳するとあんかけとか煮込んだ料理をさします。煮込んだ豚肉をご飯に乗せて食べるそぼろご飯で、安くて早くてうまい、庶民食堂によくあるメニューです。滷ではなく、同じ音の魯を当てることもあります。
かつて肉が高級品だった時代に切り落としの安い肉を肉屋から購入し、ネギ、エシャロット、香辛料などを加えて炒めて食べたものが始まりで、甘辛く、濃いめに煮込んであるので、一口でご飯がばくばくと進むこと請け合い。
なんでどんぶりじゃなくて茶碗なの!と言いたくなる人も多いに違いない。

肉燥飯 ròu​ zào​ fàn​ [肉そぼろご飯]

肉燥飯 [肉そぼろご飯] 肉ròuが豚肉、燥zàoが乾燥している状態、飯fànがご飯を指す中国語。 つまり汁気のない肉がご飯にのったもの=肉そぼろかけご飯ということで、安くて早くてうまい、庶民食堂によくあるメニューです。
このお店は豚肉を粗びきしたものを使い、醤油、黒砂糖、葱、生姜などと共に煮込んであります。
そぼろはぽろぽろにしすぎず、煮汁が少し残った状態でご飯の上にON! これ、嫌いな日本人いないでしょう。絶対。

紅豆花生湯芋圓 hóng dòu tāng [台湾風汁粉]

紅豆花生湯 台湾風汁粉 紅豆hong douがあずき、花生hua shengが落花生、湯tangがスープという意味の中国語。 芋圓yu yuanは芋団子です。水分が多めの小豆汁粉と落花生汁粉を合わせたものに芋団子を浮かべたおやつで、冬になると台湾の街角に現れ始めます。
小豆、緑豆、落花生などの数種類の汁粉の中から好みの物をチョイスし、好みの具をトッピング。 このように2種類の汁粉をミックスする場合もあります。
実は結構寒くなる台湾の冬に嬉しいあったかスイーツです。

虱目魚丸湯 shī ​mù​ yú​ wán​ tāng​ [魚のつみれ汁]

虱目魚丸湯 白身魚のつみれいりスープ 虱目魚shimuyuはインド洋から西太平洋に生息する大型の白身魚。 台湾では台湾語のサバヒーという呼称で呼ばれる大衆魚で、南部では養殖も盛ん。 このサバヒーの身をほぐし団子を作り、スープにしたものです。
淡泊ながらも脂身が多いため、味わい深く、葱や生姜、塩でシンプルに作ったスープが 滋味深く、日本人にもなじみやすい味つけです。
寒さに強ければ日本でも絶対養殖されたでしょうねぇ。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10