矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

台湾

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

紅焼鶏肝 hóng shāo​​ jī​ gān​ [鶏肝の醤油煮]

紅焼鶏肝 鶏肝の醤油煮 紅焼hong shaoは醤油煮、鶏肝jiganは鶏レバーを指す中国語。 鶏肝を醤油、砂糖、老酒などを入れた煮汁でぐつぐつと煮込んだものです。 日本の鶏肝の甘辛煮ともとても煮ていますが、八角がきいているため、 中華風の煮物の独特の香りが口の中からふわりと広がります。
濃いめの味つけのため、お子さんならご飯の友、お父さんはやっぱり酒の肴でしょうか。
八角の香りやレバーが苦手でなければ是非どうぞ。

萬巒猪脚 wan luan zhu jiao [豚足の醤油煮込み]

萬巒猪脚 豚足の醤油煮込み 萬巒wan luanは台湾の屏東にある地名、 猪脚zhu jiaoは豚足のこと。 屏東県の萬巒には客家民族の住む集落があり、客家風の味つけの豚足の醤油煮込みが名物です。
豚脚の膝から下の部分を醤油、砂糖、八角などが入った汁でコトコトと煮込んだもので、ニンニクと生姜がたっぷり入った砂糖醤油タレにつけて食べます。
皮付きの脚は、ぷみっとした弾力があり、ゼラチン質がたっぷり。 甘辛い醤油味なのでニンニクと生姜の辛味がツンと印象的。
八角の香りがキツく日本人は好みが分かれると思います。

蒸餃 zhēng jiǎo [蒸し餃子]

鮮蝦蒸餃 えび蒸し餃子 蒸zhengは蒸す、餃jiaoはご存じギョーザのこと。 餃子の本場中国大陸北部ではお湯で茹でて食す水餃子が一般的ですが、南部はせいろで蒸した蒸し餃子も多く、台湾では広東料理を出す店や専門の小吃店で食べられます。
中国大陸では餃子の類は主食として食べられるものですが、皮が極薄なので「おかず」として食べても違和感ないくらい。皮を破かずにじゅわっとあふれる肉汁を余すところなく吸い尽くしたい!

客家小炒 ke jia xiao chao [スルメイカと野菜の香味炒め]

客家小炒 スルメイカと野菜の醤油炒め 客家kejiaは大陸を転々と移動しながら暮らした客家民族のこと。客家小炒は、肉や魚などの保存食と野菜を一緒に炒めた皿で客家民族の代表的な家庭料理の一つです。 台湾ではこのメインの保存食に干しスルメイカが使われていることが多い。
水で戻したスルメイカ、豚の脂、芹菜、葱などを唐辛子とニンニクと共に炒め、砂糖や醤油で甘辛く濃い味に仕上げてあります。
甘味、辛味、うまみのバランスがとても良く、ほんの少しでご飯が何杯でも行けちゃいそうな味です。

魚蛋沙拉 yu dan shala [ボラの卵のマヨネーズがけ]

魚蛋沙拉 ボラの卵のマヨネーズサラダ 蛋danは卵を指す中国語、沙拉shalaは英語のサラダという発音をそのまま漢字に当てはめた言葉で、色拉や沙律と書くこともあります。
つまり魚蛋=魚卵のサラダで、その魚卵の正体は台湾の高級土産の代表格からすみでおなじみのボラの卵。ボラの卵を蒸した後、油で揚げたもの。
皿に千切りキャベツをしき、薄くスライスしたボラの卵を敷き詰めて、マヨネーズをかけたらできあがり。サッパリと淡泊でやみつきになるつまみです。

大餅包小餅 [餅クレープの揚餅包み]

大餅包小餅 餅クレープの揚げ餅包みこれは日本人なら漢字を見ただけで雰囲気は想像できる。しかし、大きな餅で包んだ小さな餅?ってなんだそりゃ。
実は揚げたおもちをクレープ状の焼いたおもちで春巻きのように包んで食べる。台北の士林美食街で大人気のお菓子です。
見た目地味ですが、食感が楽しいし、妙に後引くイケてる味で、ああ、もう一つ買っておくんだった!と後悔するくらい美味い。


大雞排 da ji pai [巨大クリスピーフライドチキン]

大雞排 ダージーパイ 巨大フライドチキン台湾名物の士林の夜市は、台北の繁華街から近いこともあり、毎晩がお祭りのように地元民と観光客で大にぎわい。その士林で常に行列ができている食べものがこれ。
あなたの顔の大きさほどもある巨大フライドチキンでございます。
鶏もも肉を叩いて平べったく伸ばした後、小麦粉ベースのスパイシーな衣をたっぷりまぶし、油でカラッと揚げればできあがり。しかも、この大きさなのにあっという間にぺろりと食べてしまえるから不思議なのです。


<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10