矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

シンガポール

1  2

バクテー bak kut teh [肉骨茶]

バクテー bak kut teh 肉骨茶 バクテーは、肉骨(豚の骨付きスペアリブ)を漢方素材やニンニクなどで煮込んだ薬膳スープ料理。 豚の精肉だけでなく、モツやしいたけ、油揚げなどと共に煮込んであり、漢方(スパイス)の独特の風味と素材のうまみが溶け合っていかにも体に良さげな味わいです。
バクテーは土鍋か陶器の器などで供され、スープはご飯の上にかけながら食べます。 見た目とても重そうですが、実はこれ朝食の定番料理です。

ダック・ライス dack rice [鴨ロースト定食]

ダックライス 鴨肉飯 ダックライス:鴨肉飯は、醤油や蜂蜜を塗ってからパリパリになるまで ローストした鴨肉とご飯と食べるチキンライスと並ぶシンガポールの国民食。 屋台から専門食堂、高級中華料理店まで、シンガポールの至る所で食べることができます。
パリパリっとして香ばしい皮をかみ切ると滋味あふれるアヒルの肉がお目見え。 各店舗自慢のタレにつけて戴きます。場合によってはソースの味がご飯、お代わりしたくなるような濃さでもある。

豉汁蒸烏魚 chi zhi zheng​ wu yu [蒸し雷魚の中国みそソース]

豉汁蒸烏魚 蒸し雷魚の中国ミソソース 豉chiは甜麺醤と黒豆を使って作られた豆味噌・豆豉、烏魚wuyuというのは雷魚のこと。 雷魚を豆豉蒸しにした料理で、蒸すことで雷魚から脂が適度に抜け食べやすくなります。
ニンニク、針生姜と豆ミソで蒸すことで生臭さも消え、調味料の風味が適度に魚になじんで良い感じ。 さらに香菜を一緒に食べると清々しい香りが鼻に抜けていきます。
魚の脂がとろりととろける意外とコクのある料理です。

金瓜芋泥 [カボチャと芋のシロップ仕立て]

金瓜芋泥 ぎんなんとカボチャのデザート 金瓜はカボチャ、芋はこの料理ではヤムイモでした。カボチャとヤムイモを蒸して柔らかくしたああと、どろっとするまでシロップで煮込んだりしてつくった潮州料理のデザートです。
デザートと言えば冷たい物を連想してしまいますが、これらは温かい。 糖水と呼ばれるシロップにカボチャと芋が浸っていますが、一緒に煮込んでスープ状にしたり、きんとんのような状態になっている場合もあります。
炒め物などの脂っこい食事の後の口直しにはぴったりです。

芦筍蝦球 lú sǔn xiā qiú​ ​​​[海老とアスパラの五目炒め]

芦筍蝦球 芦筍はアスパラ、蝦球はエビに火を通した時にくるんと丸まるように切れ目を入れた 飾り切りのこと。(エビ団子の時もある。)
エビとアスパラの他に人参や茸などの野菜類を炒め、パイタンスープで味つけした炒め物で、 仕上げの味も塩だけ。潮州料理を出すお店の料理のため、味つけがサッパリとしています。 基本的に野菜の炒め物はどれもこのスープ味で仕上げます。
エビはぷりぷり。野菜はシャキシャキで、味も歯ごたえも見事なバランス。 広東地方の味はつくづく日本人好みです。

砂鍋豆腐 sago taufu [豆腐の土鍋煮]

砂鍋豆腐 サーゴー豆腐 砂鍋とは、中国で使われている素焼き土鍋のこと。 豆腐を砂鍋で炊いた煮込み料理で、豆腐、キクラゲ、葱等々の野菜に加え、えびや豚肉が入っています。
このお店の豆腐は卵豆腐のようにふわふわで、その豆腐が野菜の甘味や豚のコクなどを適度に表面にまとってとろ~りととろけます。 豆板醤、オイスターソース、甜麺醤、醤油などで濃いめに調味されていましたが、ふわふわ豆腐を口の中で崩すとちょうど良いあんばい。 そのまま食べても薄すぎず濃すぎず。プロの料理だなぁという感じでした。

コールドクラブ cold crab [凍蚧:冷蟹]

コールドクラブ 茹でスリランカ蟹 コールドクラブはスリランカマッドクラブと呼ばれる甲羅の固い蟹を茹でて、冷やして、ぶつ切りにしただけのシンプルな料理。チリソースやプラムソースなどお好みのタレに付けながら食べます。中国語で蚧は蟹のことです。
はさみや胴体にぎっしりと詰まった蟹肉は甘味があって味が濃く、蝦食い、蟹食いの日本人には相当愛されてしまうと思われる。
蟹肉を取り出して、蟹ミソにちょこっと混ぜながら食べるのも大変オツです。 ←既に蟹爪食べた後の写真・・・(-_ -;;

テオチューグース teochew goose [潮州焼鵝肉]

テオチューグース テオチューグースは中国の潮州料理の一つ。ガチョウを醤油につけ込んだ後にじっくりとロースとした物で、ダークソースと呼ばれる甘くどろっとした醤油ソースに付けながら食べます。
淡白な味付けが多い潮州料理の中ではわりとしっかりと味がついており、酒の肴にちびちびやるより豪快に白いご飯に盛って丼にして食べたくなります。
ガチョウ、茹でた青菜とご飯があれば、もうそれで大満足かも。

フライド・ホッケンミー fried hokkien mee [福建麺]

フライドホッケンミー シンガポール風福建麺 豚肉、エビ、イカ、もやし、ニラなどをラードで炒め、豚骨スープと中太の麺(小麦の麺)と卵を加え、炒め煮にしたもの。中国大陸の福建風の炒め煮麺で、福建省出身の華僑からシンガポールに根付いた海鮮麺である。 豚骨スープの濃厚なだしに、肉のコク、海鮮のうまみ、野菜の甘みなどいろんな素材のうまみが溶け出した煮汁の国の深い味わいが魅力。好みでライムや唐辛子を加えて食べます。
シンガポールの庶民の味にして奥の深い焼きそばです。

海南チキンライス hainan chicken rice

海南チキンライス  ハイナンチキンライスとは、茹でた鶏肉とそのゆで汁で炊いたご飯、鶏ガラスープをセットにした料理で、添えられたソースを肉に付けながら食べます。 もともとは中国海南島出身の華人が鶏ガラスープで炊いたご飯のおにぎりが進化して、現在の形になったといいます。
鶏肉を茹でることで適度にサッパリするのですが、ゆで汁に落ちた鶏の脂はうまみと共にご飯に吸わせる。だから意外と高カロリー。ホテルのコーヒーショップや屋台街に必ずあるシンガポールを代表するローカルフードの一つです。

1  2