矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ラーンゴ・フライドライス rango fried rice [水牛肉入り炒飯]

バフ・フライドライス 水牛肉入り炒飯 アップ ラーンゴは水牛のこと。メニューではバッファローからとってバフbuffとかかれていることが多いです。フライドライスは炒め飯で、水牛肉を使った炒飯です。
この炒飯は干し水牛肉をカリカリになるまでフライパンで焼き揚げにしたあと、野菜、ご飯などを加えて炒め、塩だけで調味したもの。
野菜の甘みにトマトの酸味が加わって干し肉のカリカリとした食感と塩気がバランスよく混ざり、絶妙のうまさ。ジャーキーってこの使い方アリかも!


バフ・フライドライス 水牛肉入り炒飯
黒っぽい固まりが水牛。
ベジタブルフライドライス 野菜炒飯
野菜フライドライス
ネパールでは山を越えたお隣の中華系の料理法が根付いており、
味付けがシンプルなのでスパイス料理に飽きたとき重宝します。

焼きそば、炒飯などはその典型的なメニュー。
あり合わせの材料でささっと作る家庭的な味といいますか、
日本の家庭の主婦が作るのと似たようなレベルの炒め飯で、
味にうるさい中国人にはとても納得できない味だろうなという。
油でカラリと焼いていてパラッと米がほぐれる炒飯ではなくて、
べたっとした感じです。でもそれはそれでおいしいのです。

具は野菜だけ、野菜プラス卵、野菜プラス肉、ミックス(全部入り)など。
肉は鶏、豚、水牛などです。

ヒンドゥー教ではシヴァ神の乗り物である牛は聖なる動物で決して食べることができません。
牛の変わりに食べるのが水牛ですが、固いのでおいしく食べるには工夫がいります。

ネパールの煮込みなら長時間じっくり煮込んでやらかくしますが、
中華系の料理に使うときはミンチにしたり、細切れにしたり。
このジャーキーをカリカリに揚げる方法は炒飯には一番合う。
食べやすいし、香ばしいし、うまみもちゃんと残ってます。

油が回っている分、トマトの酸味が口当たりを軽くしていて、絶妙のうまさでした。
当たりはずれは少ないメニューですが、組み合わせの妙で大当たりです。

タグ : フライドライス , 中華 , 水牛 , 炒める , 炒飯 , 肉

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン