矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

カンチャンパ kanchemba [そば粉マカロニのカリカリ揚げ]

カンチェンバ そば粉マカロニのカリカリ揚げ カンチャンパkanchembaは、そば粉に塩と水を加えて練って作った短い麺を油で揚げたスナック。麺の形状は中国の老鼠粉と同じです。
ネパールのチベット系民族タカリ族のスナックの一つで、麺には殆ど味付けがなく、添えられた唐辛子をつけながら食べます。
カリカリに上がったそば粉の香ばしい香りと、辛いんだけどつけずにはいられないビリビリ感があとを引き、ビールやチャンに添えれば次々と手が伸びることうけあいです。


カンチェンバ そば粉マカロニのカリカリ揚げと唐辛子
唐辛子をつけながら食べる。
ダルバート・タルカリ タカリスペシャル タカリ族定食
タカリ族は粉が主食だった。
練りそば粉ディロ添え定食。
ネパールの職人が打った日本そば
日本で修行した職人が打った
本格的な手打ちそばもある。
ネパールの中でもタカリ族はグルメで知られているそうです。
タカリ族のルーツはネパールのアンナプルナ地域ですから、
土地は痩せていて米などは取れません。

今でも名産品はそば粉やじゃがいも。
それらをおいしく食べるために工夫を凝らした料理が多いです。
チベット系の土地ではおいしい物は食べられないという
勝手な思いこみがあった私は反省しまくり。

そば粉やじゃがいもなどの淡泊な味の食材をおいしくするのは
スパイスの存在です。
カンチャンパに添えられているのは見た感じ一味唐辛子なのですが、
ティムルと呼ばれる山椒の様なスパイスが混ざっているそう。
唐辛子のツンとした辛さだけではなかったのですね。

また、流通が行き届いている現在は主食は米が定番ですが、
タカリ系の食事を出してくれるレストランではそば粉を練った
ディロと呼ばれるネパール風そばがきを食べられます。
これはそのまま食べると味も素っ気もありませんけど、
ダルスープなどのスパイス系の汁物に混ぜながら食べます。
だから、カンチャンパ同様、そば側に塩気は少なめです。

さらに驚くことにカトマンズでは手打ち日本そばが食べられます。
こちらはタカリ族のルーツでもあるトゥクチェ村の名産品のそばを
売り物にしたいと考えた方が日本に職人を送り込んで修行させたとか。
あまりのレベルの高さに「ここは日本か?」と錯覚するほど。
ネパールのそば料理、いろいろお試しください。

タグ : つまみ , スナック , タカリ族 , 揚げる , 蕎麦 , 軽食 , 麺

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン