矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

グンドゥルック・バトマス・スルワ gundruk bhatmash suruwa [乾燥漬物と大豆のスープ]

グンドゥルック・バトマス・スルワ 乾燥発酵野菜と大豆のスープ グンドゥルックgundrukは高菜やほうれん草などの葉野菜を発酵させて乾燥させたもの。漬け物を乾燥させた感じです。バトマスbhatmathは大豆、スルワsuruwaがスープを指します。
乾燥した漬け物に煎った大豆を加えて煮込んだスープで、味付けはシンプルに塩のみ。菜っぱが発酵しているため、スープに酸味とうまみを加えています。
まさにネパールの長い冬を乗り切るためにあるような保存食の組み合わせで、山の民族のおふくろの味なんだろな~としみじみします。


グンドゥルック・バトマス・スルワ 乾燥発酵野菜と大豆のスープ
都市部に住むネパール人は既成のグンドゥルックを買うようですが、
田舎に行くとそのとき手に入った野菜で自ら作るようです。
こちらは煎り大豆と合わせたシンプルなスープですが、
じゃがいもやタマネギなどと組み合わせてカレーにもします。
煮込み料理の味わいを深くするための食材として活躍するのですね。

使い方は水で戻して炒めたり、スープに入れたりするだけ。
ふえーるわかめちゃんなんかと同じ理屈です。

ネパールでは特に田舎に行けば行くほど、肉料理は贅沢品です。
だからタンパク質は豆からとり、足りないうまみは漬け物で補う。
素朴な味だけど、これこそ食文化なんだろな~としみじみいたしますよ。

この料理を食べに行く

この料理は家庭料理なので食べられるのは家庭や個人経営の食堂です。
筆者の食した場所はカトマンズからバスで5時間のゴルカの食堂でした。

Lapu

ゴルカ Lapuレストラン 外観 シャハ王朝発祥の地として有名なゴルカの町にある食堂。
バスターミナルの先にある安ホテルが並ぶ界隈にある中で比較的お客さんでにぎわっている食堂。上が宿になっています。
ネパールの家庭料理の品数豊富。給仕の女の子が愛想が良くてかわいらしいし、雰囲気が良い。

ゴルカのおすすめホテル:ブライガンズ ベンド ロッジズ (Brigand's Bend Lodges)

ネパールへ行く

ネパールの玄関口カトマンズへは日本からの直行便がなく、東アジア、東南アジア各地経由。
経由地や乗り継ぎ時間、航空会社、貯めているマイレージプログラムなどで選択したい。

カトマンズ、ポカラなどを自由に歩きたい場合は個人旅行がおすすめです。
海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!スカイゲート、
海外旅行はエイチ・アイ・エス等で航空券を予約。あとは現地で決めればいい。
旅慣れてない方は、航空券+空港送迎+初日&最終日のホテルを手配しておくと安心です。
ネパールは極悪人は滅多にいませんが、小悪人が旅慣れない輩を狙ってます
物価の感覚がわからないうちに空港で引っかかるのが多く、一番悔しい思いをします。

トレッキングなどお金のかかる遊びをしたいならパックツアーがおすすめ。
総合旅行代理店でも良いですが、山に強い専門の会社がいろんな意味で確実です。
まずはエイビーロードで検索を。問い合わせも無料です。

タグ : スープ , 保存食 , 家庭料理 , 漬物 , 煮込む , 発酵食品 , 豆

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン