矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ミャンマー

1

シャンヌードル

シャンヌードルミャンマーの東北部にあるシーポーという小さな町の食堂にて食したシャン風の麺。

この町は昔シャン王朝があったところで、町に住む大半の人々が少数民族であるシャン族。
ビルマのマジョリティーであるビルマ族の食べるご飯に比べタイ料理や中国料理に近い味で、我々日本人にはとても口に合う。


シャン料理:ふるふる豚足スープ、豆腐チャンプルー風炒めもの他

シャン料理:ふるふる豚足スープ、豆腐チャンプルー風炒めもの他ミャンマーの東北部シャン州は、中国、タイに国境を接する町で、料理も我々がイメージするビルマ料理とは全く違う。
土地柄か、食べ物もタイ料理と中国料理をミックスしたような感じで、ご飯、スープ、炒め物を中心としたラインナップ。
食材も日本人になじみの深いものが多く、大変美味しく頂けます。

写真は、ラーショーにある名もない食堂(恐らくミャンマー語で書かれていてわからなかっただけかと・・・)で食べたシャン料理の数々。


キュウリとコーンのフリッター

キュウリとコーンのフリッターミャンマー第二の都市マンダレーのちょっと南にある、木造の橋の中では世界最長と言われるウーベイン橋。
そこ周辺は観光スポットになっており、観光客目当てのおみやげ物屋や食堂が連なっている。

とある店で、ビールを飲みつつくつろいでいたが、周りのミャンマー人達の頼んだ料理の香りがたまらず調理場に駆け込んで頼んだのがコレ。
こういう店はメニューがナイので、材料と身振り手振り、もしくは人の頼んだ物を頼む形になる。


チェッターヒン(鶏肉のカレー)他

チェッターヒンミャンマーに行ったことのある人の話を聞くと、「ミャンマーってめしがね・・・」と黙り込む人と「ミャンマーカレーは旨い」という人にきっぱり分かれる。
「飯がね・・・」と黙り込む人は、油の多さに辟易するらしい。

実際に写真を見て貰うとわかるが、油が非常に多い。野菜炒めっていうか油炒め。油で覆われたカレー。スープだけは意外とクリアだが。


1