矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

クラン・ラクササ kerang raksasa [シャコ貝のマリネ]

クラン・ラクササ シャコガイのマリネ クランkerangが貝、ラクササraksasaが巨大なという意味のインドネシア語。巨大な貝でシャコ貝のことです。 とれたてのシャコ貝の貝殻から貝柱を外し、肝などを取り除いた後にさいの目切りにし、ニンニク、唐辛子、レモンで和えた物。塩はほとんど入れず。とれたてのシャコ貝を海水で洗っているので、海水の塩味をまとっていました。
ぷりぷりの貝柱の甘みがちょっぴり効かせた調味料のおかげで引き立ち、絶品のお味。南国でも生で魚介類を食べるのだなぁとしみじみした一品です。


シャコガイのマリネと魚の即席ご飯
シャコ貝と魚でごはん。
シャコ貝の身 3個分
シャコ貝のむき身。3個分。
シャコ貝はこれまでもトゥミス(炒め煮)で食べたことはありました。
刺身で食べたのはなかなかまれなシチュエーションでした。
マルク州のはずれにあるタニンバル・ケイ島への船旅の途中、
あまりに波が高く、航行続行不可能で近くの島に引き返したのです。
ほとんどの人が揺れに備えて食事を取っていなかったのもあり、
乗客達が一致団結して、ご飯の支度を始めました。

ある女性は持参していた荷物にあった米袋を開け、ご飯を炊き、
ある女性は火を熾して魚の干物を焼き始める。
そのとき男性陣が、海に潜って取ってきたのがシャコ貝ってわけです。

島に上陸してから5分もしないうちにシャコ貝が4つも登場し、
見る間に女たちの手によって調理されて行きました。
そうやってできあがったのが冒頭の写真のシャコ貝のマリネです。

シャコ貝をとる男 その次は島の人たちとシュノーケリングに行ったときのこと。
珊瑚礁の合間に体長20cmほどのシャコ貝を見つけたと思ったら、
あれよあれよという間に捕獲されてしまいました。
よく、ダイバーがシャコ貝に挟まれて浮上できなくなって死ぬ・・・なんて話聞きますから、 私など見ただけでびくびくしてしまうんですけど、地元の男はあっさりしたもんです。

シャコ貝をさばくおじさん 陸上に上げられたシャコ貝は、鉈で捌かれます。
この鉈、別にシャコ貝を食べるように持っていたわけではなくって、
この湾に来るまでに歩いてきた獣道に伸びた枝とかを落として
道を切り開くために持って来ていた物です。

シャコ貝の貝柱を貝殻からはがす シャコ貝の貝殻に鉈を突っ込み、貝殻から貝柱をはがします。

シャコ貝の貝柱を取ったところ 貝柱をはがすとご覧のとおり。ぱっかりと顔を開けて、身がお目見え。
このあと、貝ヒモや内臓などと身を分けて、食べやすい大きさに切ったらできあがり。
要するに刺身なのです。

シャコ貝の肝 こちらが貝のキモのみを取りだした物。(レモン添えてあるけど。)
ある子供が拾ってチューチュー吸っていて、怒られていました。
肝なので苦みがあって通な味がしそうだけど、毒もあるのかも。
大人に怒られつつも、長いことしゃぶっておりましたね。

シャコ貝の刺身 レモン和え ビーチで即席マリネのできあがりです。
実はこのとき、我々、たまたまレモンを持っておりました。
クエン酸とビタミン補給のつもりで「レモンいる?」なんてやりとりしてたら、
「レモン持ってるのか!!シャコ貝たべよーぜ」って話になったわけです。

貝殻から取りだした身を海水で洗って、ほんのり塩味が付き、
これにレモンをぎゅーっと絞って即席マリネです。
ニンニクや唐辛子がなくても、充分うまい。鮮度がいいからぷりぷりで貝柱があまーい。

民家に放置してある巨大シャコ貝の貝殻 シャコ貝はクラン・ブンブ・トマッのところでも書きましたが、
ワシントン条約ではシャコ貝科の全種が付属書IIに分類されており、
取引を規制しないと存続が危ぶまれるとされているようです。
ただ、こういった状況はほとんど自給自足に近いような生活をしている
離島の島民には関係ないというか、かまってられない問題でもありますし、
こうやって捕獲されてしまうのでしょうね。(共犯が何を言うか。)

昔は写真のような体長1メートル近いシャコ貝とかもあったようですが、
現在は、大きくなる前に捕獲されてしまって、なかなか見ることはできないようです。
ラクササ(巨大)になる前に、食べられてくうちに名前かわっちゃいそうだわ。

たぶんジャカルタとかバリとかのレストランではお目にかかることにない味だと思います。
海沿いの小さな町や村で、出会うことがあれば、是非、食べてみてください。
インドネシアでも貝は生食するんだな~と新鮮な驚きでした。
(ちなみに同じ地方で魚を刺身で食べたらいぶかしげな顔で見られました。)


タグ : インドネシア , シャコ貝 , マリネ , 刺身 , 貝

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン