矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

インドネシア

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

テロン・ゴレン・サウス・ケナリ terong goreng saus kenari [揚げ茄子のケナリソース]

テロン・ゴレン・サウス・ケナリ 茄子のケナリソース テロンterongは茄子、ゴレンgorengは揚げたり炒めたりする調理法。サウスがソースです。 ケナリというのはマルク諸島の小さな島バンダ島で採れるアーモンドの様な形をしたナッツ。このケナリをすり潰して塩や唐辛子で調味したソースを揚げ茄子の上にどろんとかけた料理です。
油をすってへろへろに柔らかくなった茄子に、ほんの少しぴりりとする濃厚なソースがベストマッチ。ま、豆さえ安ければ日本でも作るのに~!という贅沢な一品。

アヤム・セムール ayam semur [鶏肉の砂糖醤油煮]

アヤムセムール ayam semur 鶏肉の煮込み セムールsemurはケチャップマニスと呼ばれる甘い醤油とニンニク、クローブなどのスパイスと一緒に煮込んだシチューのこと。アヤムayamは鶏肉なので鶏肉の煮込みのことです。
写真はシンプルに鶏肉だけですが、玉葱やインゲンなどの野菜と一緒に煮込むこともあります。
スパイスの使い方がきつくないので、筑前煮の様な甘い醤油味に慣れた日本人にはとってもなじむ。お袋の味~っていう後味です。

サユール・プチェル sayur pecel [茹で野菜のピーナッツソース]

サユール・プチェル 茹で野菜のピーナッツソースサユールsayurは野菜、プチェルpecelはピーナッツを使って作ったソースもしくはそのソースで味付けた茹で野菜を言います。インドネシア ジャワ島東部の伝統料理です。
作り方は至ってシンプルで、茹で野菜(空芯菜、キャベツ、インゲンなどお好みで)にピーナッツ、ニンニク、クンチュールの根(生姜の様なスパイス)、パーム糖、塩、唐辛子などを細かく挽いて会えたソースをかけるだけ。野菜をたっぷり食べられる嬉しい副菜のひとつです。

カラスカラス karas-karas [黒米粉の揚げクッキー]

カラス カラス karas-karas 米の揚げクッキー カラス-カラスkaras-karasとはインドネシア語で小麦粉や米粉を使って作った揚げクッキーのこと。 このクッキーは黒米の粉を砂糖と水で練った生地を、細い絞り出し器やビニールなどに入れて丸形に落とし込んだあと、二つに折り、さらにフォーチュンクッキーの様に少しくぼみを付けた三日月型に整形してから油で揚げてあります。
甘さは控えめ。噛むとガリガリと威勢のいい音が出るかりんとうのような味わいのお菓子です。

ペペス・イカン pepes ikan [魚のバナナの葉包み]

ペペス・イカン 魚のバナナの葉包み焼きペペスは包み焼きを、イカンは魚を指す言葉。インドネシアの包み焼きといえばバナナの葉でくるむのが一般的で、くるまれるモノは魚。ご飯を包んで蒸すモノもありますが、肉料理が入っていることはまずない。
レモングラスなどの香草を使って魚の種類に合わせて下味を付けてバナナの葉でくるんで焼いたり、蒸したりします。
サテ・リリットもそうでしたけど、ペペスも白身魚よりも青魚の方がうまいです。


ブブール・インジン bubuh injin [黒餅米のココナッツ汁粉]

ブブール・インジン アップインドネシアでは英語でブラックライスプディングと表記されていることが多い。ブブールがお粥、インジンが黒餅米を指します。
ココナッツミルクやし糖で煮込んだぜんざいのようなデザート。香り付けにパンダンリーフが使われます。
これ一杯で軽食代わりになるものなので、デザートにするとどっしりとお腹に貯まって苦しくなり、「食べたい。でもキツイ・・・」というジレンマに陥ります。
ちなみにジャワ島ではブブール・クタン・ヒタムと呼ばれます。


アヤム・クルユク ayam kuluyuk [鶏の甘酢あんかけ]

アヤムクルユク チキンの甘酢炒めクルユクはインドネシア中華の代表的な料理で、酢豚の豚の代りに鶏肉を使ったモノと考えればわかりやすい。
唐揚げにした鶏肉にケチャップベースの甘酢ソースを絡めたもので、写真のようにパイナップルやにんじんが入っていると、まさに酢豚そのもの。いえ、酢鶏か?
ケチャップも砂糖もたっぷりで甘めなのがインドネシアの味の特徴です。


アヤム・パンガン ayam panggang pemuteran [スパイシーグリルチキン]

アヤムパンガンアヤムは鶏肉。そして、パンガンは遠火焼という意味のインドネシア語。簡単に言えばこれも焼き鳥です。下味を付けた鶏肉をじっくり遠火で焼きます。
サテの様に細かく切らず、鶏の足や手羽元、胸などを使います。
味つけは地域や作り手によって様々で、写真のアヤム・パンガンはチリ、塩・胡椒、ガランガル(タイの生姜)などのスパイスで味付けて焼いただけのシンプルなモノ。
店によっては、鶏にサンバルがたっぷり乗せられて来たりする。


カカップ・ブンブ・リチャリチャkakap bumbu rica-rica [フエダイのマナド風辛みソース]

kakap bombu rica rica カカップkakapはフエダイ。リチャricaは北スラウェシの言葉で辛いという意味でリチャリチャは唐辛子がきいた辛いソースがかかった料理です。
焼いたフエダイに生姜、赤唐辛子の千切りを加え醤油で味を整えてあり、一見あっさりした料理に見えますが、涙が出るほど辛い。舌がびりびりとしびれる程。 観光客向けレストランのため、辛さが控えめにしてあるとすればマナドのご家庭ではどんだけ辛い物を?!という衝撃の味。

アヤム・ベカカッ ayam bekakak [ベカカ風チキン]

ayam bekakak 焼き鳥アヤムといえばインドネシア語で鶏肉のこと。そしてbekakakというのはジャワ島中部に位置する町の名前なので、ジャワ風というかベカカ風チキンと訳してしまいました。
タマネギ、ニンニク、唐辛子などのスパイスとインドネシアの甘い醤油ケチャップマニスでじっくり味つけしたモノ。
鶏肉の表面を焼いてうまみを閉じこめた後、調味料と水を入れて味がしみ込むまで煮てから香ばしく焼いてあります。


<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8