矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

インドネシア

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

コドック・アサム・マニス kodok asam manis [カエルの甘酢炒め]

コドック・アサム・マニス kodok asam manis カエルの甘酢炒めコドックkodokがカエル、アサムasamが酸っぱい、マニスmanisが甘いという意味のインドネシア語。いわゆる中華料理のスイート&サワーソース、甘酢炒めです。
足を太股の付け根からぶつ切りにした蛙をフリッターにしパイナップルや玉葱などと一緒に炒め、甘酢を絡めたものです。
インドネシア中華で使われる甘酢あんはケチャップを用いたものが普通で、べたっとした甘味がありますが、どこの店でも似たような味で想像通りの物が食べられます。

トォゲ・カー・イカン・アシン tauge cah ikan asin [もやしと干し魚の炒め物]

トォゲ・カー・イカン・アシン もやしと干し魚の炒め物 ズーム トォゲtaugeはもやし、イカンikanが魚、アシンasinがしょっぱいという意味。カーcahは子供という意味とwith ソースという意味がありますが、今回の使い方は後者だと思われます。
魚を塩漬けにして干した干し魚を塩抜きせずにもやしと一緒に炒めたインドネシア風中華料理で、干し魚の塩分とうまみが調味料代わりとはいえかなりしょっぱい。日本の干物の感覚で食べるとびっくりするかも。
ひとかけらの魚ともやしをたっぷり一緒に食べるのがバランス良くて美味しいです。

エンピン・ゴレン emping goreng [グネツムの実の揚げせんべい]

エンピンゴレン 野菜チップスエンピンempingとはグネツムという亜熱帯地方に分布する木の実から作られた揚げせんべいのこと。
ムリンジョmelinjoと呼ばれるこの木の実(仁)には澱粉が多く含まれており、この実を煎って薄い円盤状にたたきつぶしたものを乾燥させ、食べる時に揚げます。
さくっさくっと軽く頂けるのでスナック菓子の様ですが、れっきとした食事の付け合わせです。
ほろ苦くパリパリした軽い食感がやみつきになりますよ。

ケリピック・タラス keripik talas [タロイモチップス]

ケリピック・タラス タロイモチップスケリピックkeripikはカリカリのチップス、タラスtalasがタロイモのことでタロイモチップスです。 インドネシアでは、日本でおなじみの袋入りのポテトチップスなどはとても高く、地元で採れる芋類を使った手作りのチップスが幅を利かせています。
ポテトチップスの様にさくさくと軽くなく、固くて噛みごたえがあり、かけらが歯茎に突き刺さりそうなくらいですが、厚めにスライスされている分、芋の甘い味わいが濃く、やみつきになる味。
安くて手軽に食べられるおやつのひとつです。

トゥミス・ブンチス・アムペラ tumis buncis ampela [砂肝と絹さやの炒め煮]

トゥミス・ブンチス・アムペラ 砂肝と絹さやの炒め物 ブンチスbuncisは豆、アムペラampelaは鶏の砂肝を指すインドネシア語。トゥミスtumisはだしを加えて炒め煮したもので、砂肝と絹さやをさっと炒めて醤油で味を調えた料理です。 写真は絹さやを使っていますが、インゲンを使う場合も多い。
絹さやのシャキシャキ感と砂肝のコリコリっとした歯ごたえが面白く、味つけもシンプルなので 日本人の口にもあう。野菜たっぷりのヘルシー料理です。

チュチュール cucur [黒米粉のドーナツ]

チュチュ chu-chu 黒米粉の揚げパンケーキ 割った断面 チュチュール(チュチュ)は米粉に椰子砂糖とシナモンを混ぜて油で揚げたお菓子。 チュチュは大きなカエルの口という意味があり、このお菓子の形が平べったくまん丸いので、 こう呼ばれるようになったのではないかと推測する。
黒米の餅米を使っているので、もちもちとした食感に香ばしい香りが漂います。 食感は小麦を使った蒸しパンにそっくりで米を使っていると言われなければ間違えるかも。
腹持ちがよく、体にも優しいおやつです。

テロール・カカップ・ウォク・ダウン telur kakap woku daun [フエダイ卵の葉包み蒸し]

テロール・カカップ・ウォク・ダウン 鯛の卵のササ包み焼き まるごと テロールtekurは卵、カカップkakapはフエダイ、ダウンdaunというのが葉っぱという意味のインドネシア語。ウォクwokuはスラウェシ島のマナドの言葉で蒸すという意味です。魚卵をほぐし、レモングラス、唐辛子、コブミカンの葉などを混ぜて葉っぱで包んで蒸した料理で、魚卵ではなく魚の身を使うこともあります。
プチプチとした食感がなんとも面白い上に香菜や包んである葉っぱの香りが心地よいのですが、強烈に辛い! 辛い物が得意な私でも涙目でした。

イカン・テロール・アサップ ikan telur asap [魚卵の薫製]

イカン・テロール・アサップ 魚卵の薫製 イカンikanは魚、テロールtelurは卵、アサップasapは煙という意味のインドネシア語。 料理の材料名の後にアサップが付くと煙でいぶして焼いたもの、つまり薫製になります。魚卵の薫製です。それもマグロの卵を薫製にしたものだから珍しい。
卵を丸ごと取り出して竹串をぶっさして煙でじっくりいぶし焼き。食べる時はサンバルをたっぷりかけるのがインドネシア流です。薫製独特の香りとプチプチした食感を楽しめる珍味です。

イカン・ゴレン・ケチャップ ikan goreng kecap [揚げ魚のニンニク醤油がけ]

イカン・ゴレン・ケチャップ 揚げ魚の醤油煮 イカンikanは魚、ゴレンgorengは揚げたり炒めたりすること。そしてケチャップkecapは醤油を差すインドネシア語です。
フライパンでニンニク、生姜、唐辛子、甘い醤油などを加えて作ったソースに揚げた魚を絡めたものでインドネシアの家庭や中華料理屋で一般的な料理です。
揚げ魚だけでなく、焼き魚、蒸し魚でもよくある味つけ。中華系住民の多いインドネシアだけに、 「あるだろな~」っていう味。普通に美味しい。

タフ・ゴレン・サンバル・トゥラシ tafu goreng sambal terasi [揚げ豆腐の辛みそ炒め]

タフゴレンサンバルトゥラシ 揚げ豆腐の唐辛子ソース炒め タフtafuは豆腐、ゴレンgorengは炒めるとか揚げるというインドネシア語。トゥラシterasiは海老で作った発酵調味料でこれにニンニク、唐辛子、トマトなどを混ぜて作ったサンバルと呼ばれる唐辛子ソースがどこでも出てきます。
写真は揚げ豆腐を炒めてサンバルで味つけをした物。見た目は強烈にしょっぱくて辛そうですがそれほどでもなく、発酵調味料に慣れた日本人にはなじみがあって美味しく頂けること請け合いです。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8