矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

インドネシア

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

チャプ・チャイ・ゴレン cap cay goreng [中華風野菜炒め]

チャプチャイゴレン 野菜炒め バリチャプチャイcap cayは野菜のみもしくは野菜と海老や肉の旨煮のこと。チャプチャイの後にゴレンとあれば炒めたもの。カウkuahはあんかけの意味ですが通常はゴレン=あんかけ、カウ=スープ仕立てです。
インドネシア中華の定番料理で、中華系インドネシア人が経営している屋台や中華料理店、外国人向けのレストランで食べることができます。
野菜をたっぷり食べたい時に重宝するおかずです。

ムルタバ・テルバリク martabak terbalik [アチェ風卵焼き]

テロールダダール・サバン サバン風卵焼き 断面 ムルタバmartabakは小麦粉で作ったお好み焼きのようなインド由来の軽食。テルバリクterbalikは逆になるという意味です。
小麦粉を練った生地を薄くのばし、鉄板に広げて焼いた後、玉葱や葱のみじん切りを混ぜた溶き卵を注ぎ入れ、小麦粉の生地を卵でコーティングしながら焼いていきます。
ムルタバは通常小麦粉の生地を焼いた物に何かを包み込むので、まさに「逆になった」料理です。
小麦生地がものすごく薄いのでこなっぽさが全くなく、言われなければテロール・ダダール(卵焼き)としか思えない。小腹がすいた時の軽食にどうぞ。

ミー・ジャラック mie jalak [そぼろ餡のせ汁麺]

ミージャラック そぼろ餡かけ汁麺 アップ ミーmieは麺、ジャラックkalakはムクドリと言う意味のインドネシア語。 鶏でとった塩味のスープにうどんのような色をした中華麺を入れた物に、挽肉、角切りの厚揚げ、葱などで作った砂糖醤油ベースのそぼろ餡ともやしをトッピングしてあります。
全体に味つけが薄めで、空きっ腹で食べるとうまみが胃に染み渡るようなじんわりしたうまさがあり、日本人はそのままでも充分うまいと感じるはずですが、お好みで別添えの青唐辛子ペーストを加えるとかなりのパンチが加わる。インドネシア人はこれを全部かけますが、まねすると危険です。

アヤム・プルチン ayam pelecing khas sasak [鶏肉の辛味和え]

アヤム・プルチン 鶏肉の唐辛子和え アヤムayamが鶏肉、プルチンpelecingはプルチンplecingとはロンボク風のサンバルで、赤唐辛子やニンニクなどをすり潰して作ったトマトベースの辛味ソースのこと。 グリルにした鶏肉にプルチンソースを絡めた物で、きちんとした言葉で言うとアヤム・バカール・サンバル・プルチンになります。
元々インドネシアの鶏肉は味が濃く、焼いて塩胡椒をしただけでも充分美味しいけれども、 さらにトマトのうまみと辛味をまとうことでうまみが倍増します。
ロンボク島やお隣のバリ島などで出会える料理です。

ウダン・ゴレン・バラド bayi udang goreng balado [エビのチリソース添え]

ウダン・ゴレン・バラド 揚げエビのチリソース添え ウダンudangがエビ、ゴレンgorengがフライや炒め物を指すインドネシア語。 バラドbaladoというのは唐辛子ソースのこと。クリスピーに揚げた小エビ(bayi udang)に唐辛子ソースを添えてあります。唐辛子をふんだんに使うスパイシーな料理が特徴のスマトラ島の料理法です。
成長する前の赤ちゃんエビなので、殻も柔らかく、クリスピーな衣と共にさくさくとしていて、 ビールのおつまみにぴったりの料理です。日本の居酒屋の川エビフライもこの衣を使って欲しい!とさえ思う。

ピーサン・コラック pisang kolak [バナナのココナッツ汁粉]

ピーサン・コラック pisang kolak バナナのココナッツ汁粉 コラックkolakというのはバナナ、さつまいも、キャッサバなど澱粉質を含んだ果実や果菜を使って作るデザート。ピーサンpisangはバナナです。
パンダンリーフの煮出し汁にココナッツミルク、ヤシ砂糖、塩を加えたスープに一口大に切ったバナナを加えて煮込んだらできあがり。温かい状態でお汁粉感覚で食べたり、氷を加えて冷たくして食べたりします。
生バナナしか食べない日本人には不思議なデザートです。

サテ・アヤム・ササック sate ayam sasak [ササック風鶏の串焼き]

サテ・アヤム・ササック 焼き鳥 ササック風鶏の串焼き サテsateは肉や魚などを竹串に刺して炭火焼きにした串焼きのこと。アヤムayamは鶏肉です。 ササックsasakはバリのお隣ロンボク島に住むササック族。従って、ササック族風の味つけのサテです。
ササックの味はサテを焼く前の肉にしっかりと味を付けること、また唐辛子の辛味が効いているのが特徴です。辛うまでやみつきになる味です。
これでビールがあれば最高なのに!

クルポン klepon [蜜入り団子]

クルポン 蜜入り団子 クルポンkleponはインドネシアの生菓子のひとつ。米粉の団子の中にヤシ砂糖をひとかけら包み込んでから蒸して作るお団子で、仕上げにココナッツフレークを振りかけたお菓子。 多くはスジの葉を使って緑色に染色してあり、パンダンリーフで香り付けをしてあります。
塊だったお砂糖が熱を加えたことで溶け出すので、かじるとぴゅっと蜜が吹き出す。 一口サイズなので気取らずぱくりと丸ごといっちゃいましょう!

ランギナン ranginang [ポンせんべい]

ランギナン 米のポン菓子 ポンせん ランギナンranginangは餅米を粒のまま蒸して作るおせんべい。蒸した餅米にニンニク、塩、トラシなどの調味料で味を付け、せんべいの形に整えて乾燥させたもの。 それを食べる直前に油で揚げればできあがりです。
せんべいを作りなんて職人にしかできないと思いこんでいる固い頭の私には衝撃。 そうか、家で手作りできるんだぁと目から鱗でした。
当然ながら揚げたてがさくさくで美味しいです。

ブルム beram [どぶろく]

ブルム beram ライスワイン どぶろく ブルムberamというのは米やキャッサバを発酵させて作ったお酒のこと。 作りたてはしゅわしゅわっと細かい泡が残る生酒で、いわゆるインドネシア版のどぶろく酒のことです。
アルコール度数は10%以下と日本酒よりも低く、甘い味でジュース感覚で飲めてしまうほど飲みやすいのですが、そこはお酒。やっぱり飲み過ぎると酔っぱらいます。
旅行者はバリやロンボク島などで特によく出会うお酒です。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8