矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

インドネシア

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8

テンペ・ゴレン tempe goreng [揚げテンペ]

テンペ・ゴレン 大豆の発酵食品のフライ テンペはインドネシアの大豆発酵食品。日本でおなじみの大豆発酵食品納豆とは発酵する菌の種類が異なり発酵しても糸が引くことはありませんが、豆と豆の間にテンペ菌が発酵した白い糸が層状に折り重なったような状態になる。知らないとカビていると見間違えそう。(テンペ菌自体が白カビの一種。)
筒状の固まりをスライスし、煮物、炒め物の具材として、また、揚げてそのまま食べます。 おかずとしてもつまみとしても抜群の食材です。

クラン・ブンブ・トマッ kerang bumbu tomat [シャコ貝のトマト炒め煮]

クラン・ラクササ・ブンブ・トマッ シャコ貝のトマト煮 クランkerangが貝、ブンブbumbuはスパイス、調味料、トマッtomatはトマトのことです。 ニンニク、唐辛子などを石臼でつぶしたものにトマトを加えて作った合わせ調味料で貝を炒め煮にした料理で、正確に言えばトゥミスtumis(炒め煮)という単語を付け加えるべきかも。
ぷりっとした貝の食感にトマトの酸味や旨味、スパイスの刺激のバランスがちょうど良く、割とどこの国の人にでも口に合うと思われる料理です。
しかし、海岸で取れたての貝を使ってたりするので、「刺身で食べられるのになぁ」と思うのは日本人の性であろうか。

イカン・バカール ikan bakar [焼き魚]

イカン・バカール ikan bakar 焼き魚イカンikanが魚、バカールbakarが焼くという意味のインドネシア語。そのまま焼き魚です。
インドネシアは海に囲まれた漁業国家。日本と同じく焼いたり、揚げたりした魚をよく食べますが、 食べ方は少々異なり、焼き魚にサンバルと呼ばれる唐辛子ソースをつけて食べるのが一般的。「塩焼きでいいのに・・・。」と思う日本人は多いはず。
基本的にソースを付けて食べる前提で、塩を振らずに焼く店も多いほど。塩焼きが良ければ塩焼きで!とリクエストするべし!

サユール・ヒジョー sayur hijau [青菜炒め]

サユール・ヒジョーサユールsayurは野菜、ヒジョーhijauは緑と言う意味で、緑色の野菜=青菜のこと。写真の野菜は恐らくソシンsosinと呼ばれる小松菜に近いアブラナ科の葉野菜です。鶏肉とソシンを炒めて醤油ベースに味つけしたモノで、いわゆる中華風の青菜炒めに近い。
ヒジャウは単に「緑」という意味なので緑黄色野菜であればこの呼び方ですから、ソシンだけでなく、空心菜だったりすることもあるようです。
肉系料理を頼んだ時に2品目として頼むべし。インドネシアの野菜炒めは味の素をたっぷり使ってあって、家で作った野菜炒めのような味です。


カンクン・ブンガ・ペパヤ kangkung bunga papeya [空芯菜とパパイヤ花和え]

カンクン・ブンガ・ペパヤ 空芯菜とパパイヤの花の和え物 カンクンkangukungは空芯菜、ブンガbungaが花、パペヤpapeyaがパパイヤという意味です。 空芯菜とパパイヤの花を茹でたものに魚の干物を裂いて和えてあります。
魚の干物は塩抜きしてあるため、薄くなる塩分を補うためか醤油がすこ~しだけ使われていますが、全体に味つけは薄目で塩梅がちょうど良い。
レモングラスで香り付けしてあり爽やか香りと、空芯菜、パパイヤの花の異なる食感 が楽しめて美味い!です。

チュミ・ゴレン cumi goreng [イカリング・イカの唐揚げ]

CUMI GORENG チュミcumiはいか、ゴレンgorengは揚げるとか炒めるという意味のインドネシア語。イカフライ(イカリング)です。
ムスリムが多く食事に比べてお酒の値段が高めのインドネシアですが、ビンタンビールのお供にダントツで食べたくなるのはやっぱりこれです。どこで頼んでも外さない。
日本ではパン粉を付けてさくさくに仕上げるイカリングもインドネシアはぱぱっと小麦粉をまぶしてカラッと揚げたものが多い。魚や海老に比べて比較的値段が手頃なのも魅力です。

ガド・ガド gado-gado [ゆで野菜のピーナッツソース]

ガドガド 茹で野菜のピーナツサラダ【チャンプアン】 キャベツ、インゲンなど茹でた野菜に甘いピーナッツソースを絡めたインドネシア風サラダ。インドネシアの至る所で食べられる。
ジャワ語でおかずのことをガドといい、このおかずが転じて野菜料理の名称になった。何種類もの野菜を盛り合わせる料理をガド・ガドというため、逆にガド・ガドという言葉はインドネシア語で混ぜ物やごちゃ混ぜという意味を持つようになった。
ピーナッツにココナッツミルク、砂糖が入るためかなり甘めのソースですが、それさえ得意であればオススメです。

ミー・アチェ mi ache [アチェ風やきそば]

ミー・アチェ アチェ風麺 ミーmiは麺、アチェacheはスマトラ島北部の州の名前。直訳するとアチェ麺です。 アチェの麺は丸くて太めのスパゲティの様な生の中華麺。 それを野菜や肉と共に炒めて焼きそばに仕上げることが多いです。
日本の焼きそばのようにドライ風やちょっと汁がかったグレービーなものなど仕上がりは様々ですが、特徴的なのは全体に唐辛子と胡椒がふんだんに効いていて辛いこと。 慣れてくるとその辛みがやみつきになること請け合いです。ビールに合いそうだけど、勿論アチェでは飲めません。

クエ・カチャン・ヒジャウ kue kacang hijau ag sabang [サバン風緑豆餡パイ]

クエ・カチャン・ヒジャウ ag サバン サバンの緑豆餡パイ クエkueは菓子、カチャンkacangが豆、ヒジャウhijauが緑という意味のインドネシア語。 サバンはスマトラ島の北に浮かぶ小さな島ウェー島の町の名前です。
小麦粉を練って作ったパイ生地に緑豆で作ったあんこをぎっしりと包んで焼いたお菓子です。日本でよくあるあん入りパイと違いパイ生地がしっかりしていないので、ぽろぽろとクズをこぼしながら食べることになる。
あんこも日本の餡に比べると水分が少なめでどっしりとしていて食べ応えがあります。

アチェ・カリ ache kari [アチェ風カレー]

アチェ・カリー アチェ風カレー アチェacheはスマトラ島の北端の州の名前、カリkariはおなじみのスパイス煮込みカレーです。 魚(写真はカツオ)をズッキーニ、ジャガイモ、人参などの野菜などのタップリの野菜と共に煮込んだターメリックたっぷりのココナッツカレーで、他に八角、カルダモンのスパイスが使われています。
唐辛子の辛みはほとんどなく、魚のダシが溶け込んだマイルドな味わいは和にも通ずるところがあり、日本人にはなじみやすい味つけ。ご飯にかければいくらでも食べられますよ。

<<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8