矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

亀苓膏 [亀ゼリー]

亀苓膏 カメゼリー クアラルンプール 亀苓膏とは、亀の甲羅の内側のエキスと漢方成分を煮詰めて、ゼリーのように固めた物。 漢方なので亀苓膏そのものはとても苦いのですが、食べやすくするためにどのお店でも シロップが用意されています。
日本のガイドブックなどではスイーツやデザートに分類されていますが、 現地では漢方として食すようです。効能も様々で、便秘、吹き出物、痔、リューマチ、のどの痛み、血行、新陳代謝の改善、そして、ガンの予防だってしちゃうらしい。
かくいう私も旅先で食べて翌日肌がつるっとして驚いたことがある。 難点は漢方なので値段が安くないことですね。


亀苓膏
香港の有名店海天堂のもの。
亀苓膏 カメゼリー 香港
亀苓膏 効能書き
亀苓膏は元々清朝時代に宮廷で珍重されたというのが文献に残っているそうです。
香港では清朝末期にもたらされ、宮廷医の子孫だった共和堂の創始者が
庶民の病気を治すために油麻地で店を始めたというのが始まりのようです。

現在では店頭にカメの甲羅が山積みにされている専門店や
缶詰、インスタントミックスといろんな種類があります。
しかし、その値段はあまりに開きがある。

例えば香港の有名店海天堂の場合、濃い亀ゼリーが80HK$、
薄い亀ゼリーが50HK$。フレッシュな亀を使っているというウリ。
ところが、スーパーで売っている缶詰の場合、10HK$くらいのことも。
使っている漢方の成分にも違いがあるのだろうが、
実は、亀苓膏とは名ばかりで、全くカメエキスが入ってない店が
摘発されていたりするそうだ。

味は「美味しい」と言う物ではなく、「体に良さそう」という感じ。
コーヒーゼリーの苦みがもうちょっと薬臭い感じ?

香港の老舗共和堂によりますと、亀苓膏は4~5日に一回食べることで、
体の免疫機能を増強し、万病を予防するというようなことが書かれています。
つまり、漢方なので即効性が有る物ではなく、続けて体質改善をすることで
健康機能が保てるということです。

私の場合、旅行中に寝る前に食べて起きたら、翌朝、肌がツルツルで
「あれ?カメゼリーのせい?」とびっくりしたことがありますが、
真偽はわからないし、そもそも一時的な効果にしかなりません。
ただ、消化を助ける効果もあるようなので、食べ歩きに終始してしまいがちな
香港旅行中に食べるのは充分意味があるような気もします。

しかし、別の機会に通りすがりのお店で食べたらこれは口に合わなかったようで、
ちょっと胃がムカムカしたことがあります。

日本にも共和堂のお店が近くにあればいいのになぁ。週1回なら通いますよ。

タグ : おやつ , カフェ , スイーツ , 健康 , 漢方

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン