矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

沙琪瑪 サチマ sacima

沙琪瑪 沙琪瑪サチマは、もともと薩其瑪と書きます。中国北方の少数民族満州族のお菓子で、 小麦粉を使って作ったおこしのような揚げ菓子です。
小麦粉を饂飩の要に細くした麺を四角くまとめて油で揚げ、蜜を絡めたもので、 ふわふわとした塊を噛みしめると、じゅわーーと蜜と油が口の中に溶け出します。
甘さは意外と控えめ。中華菓子独特の油臭さを除くと、妙に懐かしく、やめられない止まらないかっぱえびせんのような素朴な味。


沙琪瑪 サチマ 台湾 花蓮
台湾のお菓子専門店のもの。
上品な味で美味しい。
台湾のお菓子屋さんで買ったサチマはクリスピー
サチマの元の名前は薩其馬と書きます。
満州族の食物で、清朝時代の東北地方の三陵祭りの供物の中の一つ。
清朝時代は女真族が国を治めていましたから北方の料理などが伝わり、
サチマも北京式の四季の菓子としても定着したようです。

小麦粉と卵で作った生地を細長く切った物を油で揚げ、砂糖、水あめを煮立たせたものに入れてからめて固め、切り分けて作りますが、 風味が良い高級品は甘みづけに蜂蜜を使ってあり、香りと口当たりがよくなります。

中国、台湾、香港などの漢人が居住する地域で広く人気の菓子ですが、
発祥の地である北方の町瀋陽では切り分ける前の20x15センチほどの塊を
かじりながら歩く親父と出会ったことがある。
サチマは切り分けられているんだけども、蜜がべっとり付いているので、
そのまま塊として食べようと思えば食べられるんですね。豪快だ。

仕上げに干しぶどうが載っていたり、ナッツを入りなどもあるほか、
台湾では黒糖味なんかも人気のようです。
生地もうどんのように太めでふわふわとやらかいものから、日本のかりんとうのように ガリガリと固い食感の物まで、メーカーによって味が全然違います。

空港でキャスターバックにでっかい沙琪瑪を載せて歩くお姉さんを見たときには、
日本では手に入らない、手に入ってもべらぼうに高い。
そしてやっぱり彼らにとって、やめられない止まらないお菓子なのだなぁと思った。

甘さがそれほど強烈ではないので、甘い物がちょこっとほしくなったときにいいですよ。


タグ : おこし , サチマ , スイーツ , 中華菓子 , 台湾 , 沙琪瑪 , 満族

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン