矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

中国

<<前の10件  1  2  3  4  5  6

拆骨肉拌茄子 chai gu rou ban qie zi [スペアリブと茄子の味噌和え]

拆骨肉拌茄子 骨なし肉と茄子の和え物 拆骨肉chai gu rouとは漢字から読みとれるとおり骨から外した肉=スペアリブのこと。 拌banはかき混ぜる=和える、茄子que ziはまんま茄子ってわけで、スペアリブと茄子の和え物です。
茄子も肉もあまり油を使わずに焼いた後、別容器で味噌と葱の千切りを加えて和えたようです。
肉や茄子には下味の塩胡椒もしてない上に生葱が加わるため、みその辛さを全く感じず、むしろ薄味でサッパリ。夏に素麺なんかと一緒に食べるのもいいかも。

紅焼日本豆腐 hong shao riben doufu [卵豆腐の醤油煮]

紅焼日本豆腐 タマゴ豆腐と野菜の炒め物 紅焼hong shaoが醤油煮、日本豆腐riben doufuはなんだろう?と思ったら卵豆腐でした。
卵豆腐に片栗粉を薄くまぶして素揚げした後、数種類の野菜とともにさっと炒め煮にした料理で、柔らかくふるんとした卵豆腐に甘辛い醤油の味が適度にしみ込んで、大変美味しい。 卵豆腐を冷たい状態で食べる我々日本人にはこういう発想がないです。
豆腐を崩さないように合わせるのに技がいりそうですが、自分でも作りたいと思った。 マジうまいです。

家常涼菜 jia chang liang cai [キュウリと澱粉ゼリーの和え物]

家常涼菜 キュウリと澱粉の和え物 家常は日常、涼菜は冷菜をさす中国語。家庭で日常的に食べられる冷菜で、中国東北地方では多くの場合、拉皮la piと呼ばれるジャガイモやさつまいもの澱粉を板状に固めてから切った平べったい麺のような素材とキュウリを酢や醤油で和えたサッパリとした和え物が出てくることが多いです。
拉皮のむっちりとした弾力とキュウリのシャキシャキとした歯ごたえのバランスが面白く、 日本ではなかなか味わえない料理です。東北涼拌菜という名前のこともあります。

酱燜鲫魚 jiang men ji yu [フナの醤油煮]

酱焖鲫鱼 ジャンメンジイユ フナの醤油煮 醤はみそやペースト状の調味料全般を指す言葉。日本でも中華調味料としてポピュラーな豆板醤、甜麺醤、XO醤などを指します。燜(焖)はとろ火で煮込む料理法。鲫魚(鲫鱼)はフナです。
フナをニンニクや醤油、豆板醤と共にことこと煮込むことで川魚特有の泥臭さが消えており、 白いご飯が欲しくなるようなこってりと濃厚な料理です。
淡水魚に慣れない日本人でも美味しく食べられますよ。

葱油干豆腐 gan doufu [干豆腐のネギ油和え]

葱油干豆腐 干し豆腐のネギ油和え 干豆腐は中国全土で広く使われる食材のひとつ。豆腐を干した物ではなく、固めに作った豆腐を さらにローラーを通して水分を抜いて圧縮したもので、薄いシート状をしています。 別名で豆腐皮という場合もあります。
この料理は干し豆腐をシンプルに葱油とほんの少しの野菜の千切りで和えた前菜で、 日本人の口にも良く合い、こゆい味つけが多い主菜の箸休めにぴったりです。

抜絲芋頭 バスー [さつまいもの飴がけ]

パスー 抜糸糸芋頭揚げたてほくほくのさつまいもを飴で絡めてあって、ぱっと見たところ「ごまをふったら大学芋じゃないの?」って思いますよね。
ところがこの漢字の抜絲がポイント。さつまいもを箸でつまんで引っ張ると飴がみにょ~んと伸びるのです。それが”糸を抜く”パスーという名前の由来。漢字の意味がわかる日本人にはほほ~っていうお菓子です。
それに伸ばしただけではないんだな。これが。


大餛飩 [雲呑/ワンタン]

餛飩 ワンタン漢字を読み解くと餛飩=うどん。つまり小麦粉を練って作った細長い麺を想像します。北京語では「フォントン」、広東語では「ワンタン」。日本でいうワンタンに当たる料理です。
大餛飩は餡の大きさが2cmくらいある大きめのワンタンで、小になると日本でもおなじみの小ぶりのワンタンをいいます。
シンプルな味つけのスープに浮かべ、ネギ、ザーサイなどの薬味と共にするするっと食べます。朝食や昼食の定番メニューです。


北京果木烤鴨 [北京ダック]

北京ダック 切り身日本人が想像する高級な中華料理に必ずはいる北京ダック。北京の宮廷料理の一つで満漢全席にも登場するほどだが、現在は庶民の味の一つとして割と手軽に食べることができる。
醤油、蜂蜜(水飴)などにつけ込んだ鴨を丸ごと一羽釜の中に吊るし、果木で起こした炎で炙り焼きにします。
元々太らせた鴨を焼くので脂肪過多ですが、つるして炙り焼きをする間に余計な脂がしたたり落ちて、ちょうど良い塩梅に。さらにハチミツ入りのタレがぴかぴかの照りを生みだし、見た目にも美味しく、食欲をそそる一品です。


尖椒土豆絲 [ジャガイモと青唐辛子の千切り炒め]

ジャガイモとピーマンの千切りの炒め尖椒(ジャンジャオ)というのはピーマンの様な大きい青唐辛子、土豆(トゥドウ)はジャガイモ。絲(スー)は、細切りとか千切りという意味の漢字です。
ジャガイモと青唐辛子を千切りにし、塩胡椒で炒めた至ってシンプルな料理。ジャガイモのしゃきしゃき感にぴりっとした唐辛子がとても合う。
濃い味つけのモノが多い中国でシンプルな料理出会うとちょっと感動する。広い中国。食材も食文化もいろいろです。


雪菜炒黒木耳 [雪菜の漬物と黒キクラゲの炒め物]

雪菜炒黒木耳 雪菜の漬け物と黒木耳の炒め物雪菜 とは雪の中で栽培する野菜の総称で、中国では古くから油菜科の野菜を塩漬けにしたものが食べられてきました。炒め物、詰め物などに使うと、料理に塩味と共に漬物の熟成した風味や酸味が加わり、コクがあり味わい深く仕上がります。
この料理は、香りの強い葱を組み合わせ黒キクラゲと共に炒めてあり、キクラゲ独特の香りがネギと漬物の力でほどよく押さえられて、全体的に田舎っぽい様な懐かしい味わいの炒め物に仕上がっています。日本人は絶対に好きな味!


<<前の10件  1  2  3  4  5  6