矢印 レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

淮山猪舌湯 huái shān zhū shé tāng [山芋と豚タンのスープ]

淮山猪舌湯 山芋と豚タンのスープ 淮山huai shanは山芋。猪舌zhu sheは豚の舌、湯tangはスープのことです。 豚の舌の薬膳スープで、薬膳の材料は生姜、クコ、そして淮山です。
タンのクニクニとした食感、山芋のシャクシャクとした歯ごたえが塩分控えめの上品なスープにアクセントを加えます。薄味なのに味わい深いうまみがあり、まさに五臓六腑に染み渡る感じ。 こういうのを毎日食べられたら健康になるだろうなぁ・・・としみじみしました。(無理だけど。)


淮山猪舌湯 山芋と豚タンのスープ ツボ入り


↑ 乾燥の淮山
このスープは福建省アモイの同安のレストランで食べたもの。
薄餅や同安封肉などのご当地名物をだすレストランで、
数あるスープの中で、お姉さんが最初からひたすら押し続けた。
メニューを開き、炒めものなど他のページを見ていても、
最後には「でもオススメはこれなのよ。」とこればかりを薦める。
昼の残りがあってすぐ出せるから薦めたのかもしれませんが、
結果的に大当たりでした。

淮山は滋養強壮、消化吸収に効く薬膳として使われるそうで、
山芋を干した物は生で食べる時よりもずっと歯ごたえがアップするのだそうだ。
魚介類や茸を干した物はうまみは増すけど食感は悪くなるので、
干したほうが食感がよくなるというのはなかなかスゴイです。

ただこのスープに入っていたのは恐らく生だと思います。
山芋独特の粘りや火を通した時にでるホコホコ感があったから。

ちなみに「山药」というのも山芋のことです。
食材の名前を憶えておくと料理を注文する時に便利ですよ。

薄餅捜

薄餅捜の外観
薄餅捜の店内
廈門市同安区銀湖中路西渓里173-174 祥福花園1号楼

アモイの同安地区にある薄餅で有名なレストラン。 同安のバスターミナルの近くで、BRTなら終点の一つ手前の城南駅で降ります。 祥福花園という団地の1号棟の1階に入っています。
ビルの中に入っている割りに内装はアンティーク。ドラマ(か映画)の撮影にも使われたことがあるそうで、オーナーのおばちゃんが撮影現場の写真を見せてくれました。(中国の有名俳優らしいのですが、知らなかった。)
薄餅や封肉以外にもこの地方の名物料理がいろいろあるので是非大人数で「夜に」また行きたいお店。住所がなかったので探すのに苦労しました。

タグ : スープ , 山芋 , 福建省 , 薬膳 , 豚タン

参加中ランキング:更新の励みになりますのでクリック応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ グルメ ブログランキング blogram投票ボタン